Tag Archives: 上海焼きそば

中華ダイニング 高格 (東京都千代田区)

今週はオフ会で食べた焼きそばです。普段、ひとりでの食べ歩きばかりですが、複数人数でいろいろ食べると料理の感想をメモする暇がなかったり、写真点数が多くなったりで、記事化するのが結構大変。でも多くの種類の料理を味わえるっての … 続きを読む

タグ , , , コメントを見る

上海味道 新天地 (東京都豊島区)

中国本土の焼きそば特集6週目! 今週は上海・杭州・温州、それぞれの料理店が提供するそれぞれの地名を冠した焼きそばです。江蘇料理も浙江料理も日本ではあまり区別を付けずに「上海料理」とくくっちゃうことが多いんですけど(自分も … 続きを読む

タグ , , , , コメントを見る

横濱一品香 福富町店 (神奈川県横浜市)

横濱一品香は1955年(昭和30年)に創業した中華系のチェーン店だ。タンメンが有名で横浜を中心に十数店舗を展開している。前回紹介した渋谷の一品香とは直接の関係はなさそうだが、ここも独特な上海焼きそばを提供している。 今回 … 続きを読む

タグ , , , , コメントを見る

ヌーベルシノワ 一品香 (東京都渋谷区)

上海風焼きそば特集、最終週の5週目です。今週は随分と風変わりなタイプの上海風焼きそば(あるいは上海焼きそば)を3店ご紹介して、特集の締めといたします。 渋谷に一品香という中華料理店がある。同じ屋号を名乗る店は各地にあるよ … 続きを読む

タグ , , , コメントを見る

三和楼 (神奈川県横浜市)

横浜中華街の老舗上海料理店、3軒目に紹介するのは三和楼。1962年(昭和37年)の創業で関帝廟通り沿い、山下町公園・會芳亭の少し西の向かい側に店を構えている。 訪れたのは2月上旬、平日のお昼時。春節を控えた平日の中華街は … 続きを読む

タグ , , コメントを見る

四五六菜館 本館 (神奈川県横浜市)

横浜中華街の老舗上海料理店、2軒目は四五六菜館をご紹介。創業は1961年(昭和36年)で、初代は蒋介石の料理人の愛弟子だったらしい。 店名の読み方は「しごろくさいかん」。日本に渡る前中国で働いていた「四五六飯店」から暖簾 … 続きを読む

タグ , , コメントを見る

状元樓 (神奈川県横浜市)

上海風焼きそば特集、4週目。今週は横浜中華街の上海料理店をご紹介します。 「上海風焼きそばは明治から昭和初期の神保町で生まれた」という自分の仮説。さらには終戦を経て都心周辺の上海料理店へ徐々に広まり、やがて横浜中華街へも … 続きを読む

タグ , , コメントを見る

香港園 (東京都目黒区)

目黒にある1955年(昭和30年)創業の中華料理店・香港園。四川・上海料理が専門のはずなのに、何故か屋号は香港園。不思議だ。池波正太郎が贔屓にしていた店の一つで、ここにも上海焼きそばがある。どちらかというと高級志向の店で … 続きを読む

タグ , , コメントを見る

上海園林 (東京都港区)

浜松町駅のすぐそばにある上海料理店・上海園林。1951年(昭和26年)に中華料理・浜之園として創業し、浜園飯店、上海園林と屋号を変えて現在に至るそうだ。私が普段行く店に比べると価格帯は少々お高めだが、探究心に促されて寄っ … 続きを読む

タグ , , コメントを見る

宝龍 (東京都新宿区)

上海風焼きそば特集、3週目。今週は東京都内で昭和20~30年代に創業した上海料理の店を3軒ご紹介します。 神楽坂にある宝龍は昭和20年代に創業した上海料理の老舗だ。ぐるなびでは「神楽坂がまだ石畳だったころから60年続く親 … 続きを読む

タグ , , , コメントを見る

皆楽園 (東京都中央区)

日本橋小伝馬町の江戸通り沿いに皆楽園という上海料理屋がある。創業は1949年(昭和24年)というから、今年で66年目か。ここにも例の上海風焼きそばがあった。 2月中旬、日曜の夜18時半頃に訪問。地下鉄日比谷線小伝馬町駅か … 続きを読む

タグ , , , コメントを見る

源来酒家 (東京都千代田区)

神保町の専大前交差点の北東側の裏路地に源来軒という中華料理店があった。創業者はやはり寧波の出身で、戦中戦後の苦労を経て1946年(昭和21年)に創業。こじんまりした庶民的な店で長年親しまれたが、昨年の7月25日に惜しまれ … 続きを読む

タグ , , コメントを見る

新世界菜館 (東京都千代田区)

上海風焼きそば特集、2週目も神保町界隈の老舗中華料理店をご紹介します。 神保町交差点のすぐ近く、靖国通りにビルを構える新世界菜館。創業は戦時中の1943年(昭和18年)。こちらもこれまで紹介した神保町の老舗と同じく、初代 … 続きを読む

タグ , , コメントを見る

漢陽楼 (東京都千代田区)

神保町の漢陽楼は1911年(明治44年)創業の中華料理店だ。維新號や揚子江菜館と同じく、創業者はやはり寧波出身。孫文や魯迅、周恩来など、中国から日本に留学していた学生たちを相手に大陸の郷土料理を提供していた。 特にこの店 … 続きを読む

タグ , , コメントを見る

揚子江菜館 (東京都千代田区)

1906年(明治39年)創業の揚子江菜館は神保町界隈で現存する最も古い中華料理店だ。冷やし中華の元祖として知っている人もいるだろう。こちらの創業者も維新號と同じく寧波出身。「神田中華組合」と「寧波同郷会」を創立し、初代会 … 続きを読む

タグ , , コメントを見る