鈴木食堂 (秋田県仙北市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

仙北市角館の武家屋敷通りから見て東側の通り沿い、県立角館高校・通称北高のほど近くに鈴木食堂という店がある。大曲由来の食文化が角館にも及んだのだろうか、こちらの記事を読んでカレー焼きそばがあると知り訪ねてみた。

頃は1月中旬の日曜、お昼時。前日まで大雪でJRのダイヤも乱れまくっていたという状況で、角館も雪に埋もれていた。真っ白な武家通りをざっくり眺めてから目的の店へ。鄙びた外観に暖簾が掛けられているのを見て安心した。

仙北市 角館 鈴木食堂

お店の中はテーブルがいくつか置かれ、客席数は20くらいか。優しそうなご夫婦で切り盛りされているが、旦那さんは私と入れ違いで雪かきに出て行った。「どうぞ休んでください」と奥さんに促され、温かい薪ストーブ近くの席に腰掛ける。

鈴木食堂 店内の様子

メニューは麺類と丼物が中心。カレー焼きそば以外にも天ぷらラーメンなんて心惹かれる品がある。北高生向けなのか学割が効くメニューもあった。「学生さん発明欲張メニュー」という別枠にはカツカレー焼きそばなるものも記載されていた。よし、これにしよう。

学生さん発明欲張りメニュー

奥さんから温かいお茶を受け取ってカツカレー焼きそば(650円)を注文。しばらくして厨房からフライパンで炒める音が聞こえて来た。カツを乗せて鍋で温めたカレールーを掛けて……

「はい、お待たせしました」

これはまさに昔ながらの食堂のカレー。黄色くてジャガイモごろごろ。おまけに天辺のグリーンピース。完璧だ。どれ、いただこう。

カツカレー焼きそば 650円

焼きそばは一般的な中細の蒸し麺。具はキャベツ、モヤシ、人参、玉葱、豚肉。あっさりめのソース味でトロトロ円やかな田舎カレーを受け止めている。カツはこぶりだが主張が強くないのがむしろカレーと焼きそばに合う。サクサクで美味。付け合せの白濁した豚骨スープはさっぱりした味わい。サービスでいただいた大根の御新香も美味しかった。

サービスでいただいた御新香

食べ終わる頃に旦那さんも戻ってきた。今シーズンは平年より早く雪が積もり始めたそうだ。

「また、ぜひお越しください」

丁寧に見送っていただいて恐縮しきり。店内には北高卒業生から感謝の色紙が貼られていた。地元で愛される店なのだなあ。

ちなみにすぐ近くに「かじか瀬(かじかせ)」という喫茶店があり、そこでもカレー焼きそばを提供しているそうだ。そちらも寄るつもりだったがこの日はたまたま休みだった。まあ、また来る機会もあるだろう。

角館 武家屋敷通りも雪化粧

食後は角館の武家屋敷通りを散策。夏に一度来たことがあるが、雪に包まれた様はまた格別の趣があった。雪国は雪の時期に来る方が本当の姿を見られるのかも知れないな。

鈴木食堂

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0187-55-1735
住所:秋田県仙北市角館町細越町32
営業時間:不明
定休日:不定休
主なメニューカツカレー焼きそば 650円

かけそば、かけうどん 350円
カツ丼 600円 チキンライス 500円
中華そば 400円 天ぷらラーメン 450円
焼きそば 400円 目玉焼きそば 500円
カツカレーうどん 500円
This entry was posted in 仙北市 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">