春楽 (千葉県鴨川市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

安房鴨川は鴨川小学校の入り口に店を構える食堂、春楽。掘っ立て小屋かと見まがう店舗は昭和25年の創業当時のままだとか。「汚いけど美味しい店」を紹介するとんねるずのTV番組で放映されたので知ってる方も多かろう。

鴨川市 春楽

この春楽、和洋中華なんでもござれの食事処なのだが、一番人気が一風変わった「ヤキソバ」なのだ。そうと聞いたら放っておけない。訪れたのは晩秋の土曜日のお昼時。暖簾が掛けられ出前用のカブもあるのですぐに分かったが、事前に調査してなければ見逃すであろう店構えである。

店内も外観に負けず劣らず、かなり年季が入っている。手前にテーブルが2卓、奥に小上がりが2卓。小上がり席は先客で埋まっていたが、テーブルは二つとも丁度先客が帰ったばかりで食べ残しの食器が乗っていた。

「いらっしゃいませー」
「今テーブル片付けるんでお待ちくださいね」

人の良さそうな老夫婦がいそいそと食器を片付けてテーブルを拭く。その間にベニヤ板の壁に貼られたメニューを確認。

春楽のメニュー

ラーメン、ヤキソバからカレーライス、丼物まで、数はそれほどでも無いがバラエティに富む品揃えである。

「ヤキソバ(650円)を一つください」
「はーい」

入り口近くのテーブルに腰掛けて待っていると、おばちゃんが温かいお茶とスポーツ紙を出してくれた。追加のお客さんも入って来るなど、TVのお陰かなかなか繁盛しているようだ。

「お待ちどうさまー」

眼の前に置かれたのは独特な外観のあんかけ焼きそばだった。

ヤキソバ 650円

昔ながらのごく一般的な中華麺を茹でてからカリカリに焼き、そこに野菜たっぷりの餡が掛けられている。餡の具はキャベツ、白菜、モヤシ、玉葱、人参、筍、椎茸、豚肉、ナルトに玉子、グリンピース。餡の味付けは鶏がらと豚骨の2種のスープをブレンドしてるそうだ。餡の色が白いのは、そのためだろう。粘度は緩めで麺に良く馴染む。(餡が固めという感想をちらほら見かけたが日によって変わるのかな?)玉子の効果か、マイルドな味わいである。卓上の練りカラシを混ぜると味に変化が付いてこれも美味い。

付け合せのお新香 量が多い

付け合せに大根とキュウリの御新香も出してくれた。浅めの漬かり具合や振り掛けられたアジシオが、この店の雰囲気に実に合っている。

お勘定を済ませて店を出てバイクに乗ろうとすると、車でやってきたご婦人に声を掛けられた。

「すみません、こちらがテレビで紹介されたお店ですか?」
「ええ、そうですよ」
「あらまぁ……ここは何が美味しいのかしら?」
「焼きそばが人気みたいですよ、私も食べました」
「あら、そうなんですね。ありがとう」

上品な雰囲気のご婦人は店構えに戸惑ってる様子で車内の連れ合いと相談し始めた。その間に私は出発してしまったが、彼女らがその後この店に入ったのかちょっと気になる。

春楽

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:04-7092-0442
住所:千葉県鴨川市前原361
営業時間:11:00~19:00頃
定休日:不定休
主なメニューラーメン 450円 チャーシューメン 750円
ヤキソバ 650円 チャーハン 600円
親子丼 700円 カツ丼 800円
カレーライス 600円 オムライス 750円
天丼 大 1,600円 小 1,200円
エビフライライス 1,600円
This entry was posted in 鴨川市 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">