信濃路 (東京都台東区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

今回から大衆酒場の焼きそばをテーマにお送りいたします。つまんで良し、〆に良し、チェーン系も含めて沢山の居酒屋で焼きそばを出しておりますね。とりあえず私の好みに適った首都圏のお店を、営業開始時間の早い順に紹介したいと思います。まずは呑みたいときに呑める24時間営業のお店から!


鶯谷駅北口の正面にある信濃路は24時間年中無休の食事処である。ポジション的に本来は立ち食いそば屋なのかも知れないが、実体は完全に呑み屋だ。手ごろな値段で肴の種類も豊富とあり、その道の先輩方が朝から顔を赤らめている。

鶯谷駅北口 24時間営業 信濃路

訪れたのは2011年、大晦日の午後3時。この時期の呑み屋はどこも年末年始の休業期間で呑み助たちは居酒屋難民となる。私も2軒ほどふられた後で「ここなら大丈夫だろう」とやってきた。

店内は厨房を境に左右に分かれ、左がカウンター席、右がテーブル席にまとめられている。奥の方のカウンターに腰掛けて生ビール(500円)を注文。グビッと一口やって落ち着いた。左隣には競馬新聞を赤鉛筆でチェックしてる先輩二人。明日、元旦の川崎競馬を検討中か。右隣は一人でうつ伏せ気味に飲んでるガテン系の若い衆。うむうむ、こうでなくては。

信濃路メニュー

メニューは刺身にフライに中華系、ラーメン・そば・うどん・スパゲティ・定食と何でもござれ。無いのは節操くらいか。独り身の男性客が多いせいか、野菜を使ったメニューが充実している印象を受けた。眼の前の大皿に盛られた厚揚げ煮(250円)をオーダーすると温めなおして出してくれた。

生ビール(500円)と厚揚げ煮(250円)

店員は中国人が多く、厨房ではあちらの言葉が飛び交っている。ビールを飲み終えて二杯目はホッピー(390円)へと移行。ついでに中華系が当たりだろうと予想してチンジャオロースー(400円)を注文。美味しかったがもうちょっと量が欲しかった。

ホッピー(390円)と青椒肉絲(400円)

さらにホッピーの中をお代わりして、〆にソース焼きそば(500円)を注文。この店では焼きそばに味噌汁が付いてくる。たかが味噌汁だが、ちょっと嬉しい。

ソース焼きそば(500円)

麺は標準的な中細の蒸し麺。具は豚肉、キャベツ、人参、ニラ、玉ねぎ、モヤシ。「良心的な居酒屋の焼きそばは野菜たっぷり」という持論通りの品だ。青海苔もたっぷりトッピングされ、紅ショウガと練りカラシが添えられてきた。ソースの味付けは割と薄めだが、卓上の調味料を使えば肴にもなる。コストパフォーマンス十分の焼きそばで満足できた。

焼きそばを食べた後、「大晦日だから」と年越し蕎麦のつもりでたぬきそば(220円)も注文してみたがこれは失敗。麺は茹で過ぎ、つゆは濃すぎ。やはりこの店は立ち食い蕎麦屋でなく呑み屋なのだと痛感させられた。なお、既に過去だが2012年の元日と2日は休むとのこと。24時間年中無休とは言え、さすがに正月は閉めるのね。

信濃路 鶯谷店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-3875-7456
住所:東京都台東区根岸1-7-4
営業時間:24時間
定休日:無休
主なメニューソース焼きそば 500円 厚揚げ煮 250円
チンジャオロースー 400円 たぬきそば 220円
生ビール 500円 ホッピー390円
This entry was posted in 台東区 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">