志ば多 (兵庫県神戸市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

横山三国志のキャラクターが翻る新長田のほんまちすじ。その一角にあるのが昭和22年創業、モダン焼発祥の店として知られるお好み焼の老舗、志ば多だ。

元祖モダン焼 志ば多

頃は9月中旬、日曜の夜。コナモンのメッカ、長田区をウロウロ歩く。ちょっと道を間違えたらそばめしの元祖・青森があったり、少し足を伸ばせば以前紹介したいりちゃんがあったり、コナモン好きには堪えられない街である。

目的の店、志ば多へは20時過ぎに到着。店は奥に長く、カウンターは二つの島に分かれて10脚ほど。それと焼き台テーブルが2卓。時間が遅かったが7割ほどの席が埋まっていた。奥のカウンターへ一旦着席したが、その後手前の席へと移動した。

志ば多 メニュー

壁に掲げられているメニューは食べ物のみでお酒の値段が分からない。ま、長田でぼったくられることも無かろうとビールを注文。

「キリンの大瓶と、アサヒの中瓶がありますがどちらに?」
「んー、ではキリンで」

後から検算したら550円の計算だった。良心的だ。ビールを受け取りつつモダン焼も注文。オリジナルのモダン焼きはうどん玉を使っていたそうなので、スジうどんモダン焼き(730円)を指定した。

まず取り掛かるのは焼うどん、もとい「うどん焼」。この辺りでは「そば焼」「うどん焼」と呼ぶのだ。うどん玉とキャベツの千切りをソースで味付けしながら混ぜ炒めたところに長田名物のスジコンを乗せる。その横に小麦粉の生地を薄く広げて鰹粉を塗す。生地の上に麺を移動し、その上からさらに生地を垂らしてひっくり返す。しばらく焼いてから横に玉子を割り、本体を上に移動させて出来上がり。ソースを塗って、鰹粉・青海苔を振り掛けて、さていただきます。

スジうどんモダン焼き 730円

麺はどこにでもある茹でうどん玉だが、これがモチモチして美味しい。そばよりももっちりした満腹感があり、それが満足感へと直結している気がする。スジコンもプリプリ、クニクニ、コリコリとした歯応えでいい味だ。ソースは一種類しかなく、かなり甘めだが酒のつまみにも食事としても丁度いい塩梅だ。

食べている途中でビールが無くなったので追加オーダーでちょっと悩む。

「すみません、お酒はビール以外に何があります?」
「角ハイボールと缶チューハイしか……」
「(缶はちょっとなあ)じゃ、角ハイで」
「はい、450円です」

角ハイボール

まさか角ハイも缶だったとは。食べ終わってお会計は1730円也。

うどん玉のモダン焼は未体験だったが試して良かった。これまで広島系のお好み焼やモダン焼など、麺を挟んだ重ね焼を何軒か食べてきたが、焼きそば・焼うどんとも混ぜ焼きとも一線を画す味わいだった。生地を増やせば味わいが損なわれてしまう重ね焼きがベースだからこそ、麺を挟むモダン焼きが誕生したのだろうか。

ちなみにこちらの動画に志ば多のご主人が出演されているので興味のある方はどうぞ。

お好み焼志ば多

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:078-611-0650
住所:兵庫県神戸市長田区腕塚町2-2-9
営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00 ※土日祝は通し営業
定休日:水曜
ホームページ
主なメニューそばモダン焼き 600円
すじうどんモダン焼き 730円
すじ焼き 550円

キリンラガー大瓶 550円
角ハイボール(缶) 450円
This entry was posted in 神戸市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">