千成 (山梨県甲府市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

甲府市街に千成という焼き鳥屋がある。山梨出身のバイク仲間のMr.mudさんに2・3度連れて行っていただいたのだが、ここの焼き鳥が特徴的で焼きそばも美味しかった。また行きたいなあと思っていた矢先に新宿甲府間の高速バスが片道1200円というキャンペーンを知り、改めて一人で日帰りで行ってみた。(もうキャンペーンは終ってます)

訪れたのは2月上旬の平日。甲府駅の北口から武田通りを300mほど北上。信号を左折して紺屋小学校を右手に眺めつつ200mほど歩いて到着。

甲府市街 焼き鳥 千成

暖簾を潜って店内へ。客席はL字カウンターが10脚に小上がり2卓。奥に広い座敷もあって一度通されたことがある。いつも入れないほど混雑しているのだが、今回は17時半前の開店直後のため先客は1名のみ。1席空けて、テレビやメニューを眺めやすい位置に腰掛けた。持ち帰り注文が大量に入っているらしく、厨房では専務と呼ばれる二代目店主が一人で黙々と焼いていた。

千成 メニュー

メニューは焼き鳥関連と酒、あとは焼きそばしかない。焼き鳥は基本的に5本単位で、味付けは塩とタレが選べる。以前来た時より若干値上がりしていたがそれでも安い。

「すみません、酎ハイ(340円)と焼き鳥をタレで一皿(5本・440円)」
「酎ハイはレモン入りで?」
「はい」

このお店の酎ハイはお代わりするたびにレモンスライスが足されてゆく。会計はそのレモンで杯数を数えるという仕組みだ。

酎ハイ(340円)とお通しの茹でモヤシ

それからお通しに必ず茹でモヤシが出てくるのも千成の特徴。七味と醤油が軽く掛けられていて、良い口直しになる。

5分ほどで焼き鳥登場。この店の焼き鳥は廃鶏を使用していて、独特の歯応えがある。これが癖になる味で、甘辛い濃厚な醤油ダレとマッチして実に旨い。気のせいか、以前来たときに比べると多少柔らかく感じたが、それでもかなり硬かった。

焼き鳥 一皿5本 440円

普段は他のご家族も手伝っているはずなのだが、この日は専務一人。他の客が尋ねたところ、たまたま風邪か何かでダウンしているそうだ。うーん、大変そう。店内の飲み客だけでなく、持ち帰りも10本、20本と注文が入って忙しそうだ。客同士で注文のタイミングを合わせて店主を気遣っている辺りが和む。

モモ焼 350円

酎ハイのお代わりを経て追加注文したのはモモ焼(350円)。骨付きモモ肉がドーンと丸ごと一本焼かれたもので、かなり迫力がある。ティッシュの巻かれた脛を持ってワイルドにがぶり。うん、美味い! 焼き鳥に比べて柔らかく、箸でつついて解すこともできた。さらに酒が進む。

鶏皮の素揚げも美味しいのだが、この辺で締めの焼そば(440円)を注文。焼き台の作業の合間に中華鍋でちゃちゃっと作って配膳された。

焼そば 440円

焼き鳥もそうだが、焼きそばも見た目が黒い。麺は中太の蒸し麺で具はキャベツと豚ばら肉のみ。トッピングなしでシンプルな構成だ。味付けはソースに焼き鳥用のタレも使っているのだろう。甘辛い味わいでしみじみ美味い。

最終的に酎ハイは4杯飲んだ。2時間弱滞在してお会計は2590円也。帰りも同一料金の高速バスを使い、新宿まで転寝。湯村温泉や石和温泉を絡めてまた来たいなあ。

千成

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:055-253-8973
住所:山梨県甲府市武田1-3-1
営業時間:17:00~22:00
定休日:日曜・祝日・第一月曜日
主なメニュー焼そば 440円
やきとり 一皿5本 440円
モモ焼 350円
酎ハイ 340円
This entry was posted in 甲府市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">