つべつ西洋軒 (北海道網走郡津別町)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

網走郡津別町の市街地につべつ西洋軒という洋食屋がある。"究極の"豚丼が看板メニューなのだが焼きそばや塩ラーメンも人気だそうな。

津別市街 つべつ西洋軒

訪れたのは6月中旬、平日の夕方。津別市街を訪れるのは初めてだったが道東らしいのんびりした町だ。メインストリートからわき道に入るとすぐに目立つ看板と三角屋根の特徴的な建物が目に入った。

客席はカウンター6席にテーブル4卓、小上がり4卓。メニューはバラエティに富んでいる。焼きそばが目的の品なのだが"究極の"豚丼もやはり食べておきたい。

つべつ西洋軒 豚丼メニュー

(うーん、さすがに豚丼と焼きそばの二品は一度に食べられないよなあ……よし、焼きそばは明日食べることにして今日は豚丼を食べておこう!)

というわけでこの日はバラ豚丼(980円)を注文。

バラ豚丼 980円

濃厚な甘辛醤油ダレにコッテリ厚みのある豚バラ肉。ずっしり盛られたご飯にタレが良く滲みて実に美味い。食べやすいよう脂身に切れ目が入れてあるのも嬉しい。付け合せは沢庵と梅干、味噌汁。この梅干はわざわざ豚丼に合う品を選んだそうだ。口直しにちょうど良い。

食後、二代目店主と談笑した。やはりネットの評判でこれ目当ての遠来客も多いそうだ。翌日また来ますよと伝えてこの日はお会計。

つべつ西洋軒 焼きそばメニュー

そして翌日の14時頃。今日は若い三代目が頑張っていた。賑やかな先客に混じって焼きそば(950円)を注文。しばらくして熱々の鉄板と味噌汁のお椀が目の前に置かれた。

焼きそば 950円

麺は極細の茹で麺。塩ラーメンでも評価されている麺だとか。具はキャベツ・玉葱・ピーマンに干しシイタケ、鶏肉、赤ウインナー。脇に紅生姜と白飯が少々。

極細の茹で麺にオリジナルのブレンドソース

味付けはオリジナルのブレンドソースとのこと。野菜は別に炒めてから盛り付けたようだ。麺が鉄板に接している部分にはしっかり焼き目が付いていて香ばしい。ボリュームもなかなか。八丁味噌のワカメ味噌汁も美味しい。

食べ終えてすっかり汗だくになった。愛嬌溢れる二代目に頑張ってる三代目。どちらも個性的で楽しいお店だった。津別というアプローチしにくい場所だがリピーターが多いのも納得だ。また機会があったら伺いたいなあ。

つべつ西洋軒

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0152-76-2616
住所:北海道網走郡津別町字東4条3番地
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日、第四火曜日
ホームページ
主なメニューやきそば 950円
やきそばぎょうざセット 1200円

ロース豚丼 980円 バラ豚丼 980円
とりカツなべ定食 980円 塩ラーメン 680円
This entry was posted in 網走郡津別町 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">