さくら亭 (福島県南相馬市)

福島県浜通りの道の駅・南相馬。福島第一原発から直線距離で約25km。先月の17日、国道6号線の交通規制が3年半ぶりに解除され(バイク・自転車などは除く)、いわき方面からアプローチしやすくなったが、それまでは訪れる人も限られていた。今回はその道の駅にある食事処さくら亭をご紹介。

浜通り 道の駅・南相馬

訪れたのはまだ規制中だった今年4月中旬、土曜日のお昼時。テーブル多数。ざっと50~60人くらいのキャパかな。観光客が少ないとは言え、さすがに土曜の昼なので店内はかなりの混雑。厨房のお姐さん方も大忙しだ。注文は食券制でお冷はセルフサービス。ま、ありがちなフードコートを想像すれば問題ない。

食事処 さくら亭

注文したのはおすすめメニューにもなっている、なみえの旭屋太っちょ焼きそば(480円)。いわゆるB1グランプリで優勝した「なみえ焼きそば」なのだが、商標的な問題で「太っちょ焼きそば」という微妙な名称。

おすすめメニューの看板

実は以前紹介した浪江焼麺太国の認定会員でないと「なみえ焼きそば」を正式には名乗れないのだ。ちなみに旭屋は浪江町で長年営んできた製麺屋さん。あの特徴的な太麺の製造元で今は郡山市で営業しているようだ。(※その後、めでたく浪江焼麺太国の公認となったようでメニュー名も「なみえ焼きそば」に変わったみたいです)

注文して数分で番号を呼ばれた。焼きそばの皿とお冷をお盆に乗せて席へと運ぶ。さて、いただきます。

なみえの旭屋 太っちょ焼きそば 480円

うどん並みの極太麺にたっぷりモヤシ、豚肉と浪江焼きそばの特徴は完全クリア。青海苔・紅生姜だけでなく目玉焼きもトッピングされていてお得な感じ。目玉焼きは蓋をして蒸焼きにしたのか、上部も白くなってる。

極太麺にモヤシがマッチ

麺よりモヤシが主体じゃないかってくらい沢山入っていた。モチモチした極太麺麺にはちゃんと焼き目も付いている。味付けはソースであっさり目。ちと物足りないので七味も掛けてみた。うん、これくらいが好みだな。七味ニンニクならモアベターなのだが。

意外なほどしっかり作られた焼きそばで満足満足。それにしても、ぼてぢゅうグループは堂々と「なみえ焼きそば」を名乗れるのに、被災地の南相馬では微妙なメニュー名ってのも何だかなー。ご当地グルメはそのブランドを確立するまでが大変で、偽モノ排除のための措置だってのは分かるんだけどね……モヤモヤ。

浜通りが元通りになりますように

ここまで来たついでに少し南下して警戒区域の手前まで行ってみた。痛々しい光景には言葉も無い。一日も早く浜通りが元通りになりますよう。

道の駅 南相馬 さくら亭

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0244-26-5100
住所:福島県南相馬市原町区高見町2-30-1
営業時間:11:00~15:00
定休日:無休
ホームページ
主なメニュー太っちょ焼きそば(480円

メンチカツ定食 600円
メンチカツ丼 580円
This entry was posted in 南相馬市 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*