両國 (北海道旭川市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

旭川にはサンロク街と呼ばれる歓楽街がある。名前の通り3条通6丁目を中心にした一帯で、夜にもなると派手なネオンで眩いほどだ。

旭川市の歓楽街 サンロク街

その一角にあるのが今回紹介する居酒屋・両國。北海道で両國というのも何だが、名物の焼きそばがあると聞けば足を伸ばしたくもなるだろう。え、ならない?

旭川市 サンロク街 居酒屋 両國

訪れたのは6月上旬、土曜日の午後7時過ぎ。雑居ビルの一階に渋い暖簾が架かっていた。入店すると右手が厨房でそれに沿ってL字カウンターが奥へと延びる。カウンター席は10席ほど。左手の小上がりには大小の座卓が4卓並べられている。スタッフは男性二人、女性二人、老若2世代のご夫妻ぽい。

とりあえずサッポロクラシック樽生(500円)を注文。お通し(500円)は唐辛子の醤油漬けを乗せた冷奴。美味しいがかなり辛い。俺は好きだけどお通しには不向きじゃないかな。ビールに続いて、この日お勧めだった道産アスパラサラダ(800円)を注文。太くて甘い。シャクシャク歯応えが小気味良い。

道産アスパラサラダに生ビールとお通し

第一陣を片付け、第二陣はこの店自慢のビーフシチュー(1500円)とプレーンサワー(400円)。居酒屋なのにシチューってのも珍しいが、これが評判の品の一つなのだ。

ビーフシチュー 1500円

トロトロに煮込まれてさすがの美味しさ。付け合せにパンがあれば言うことなしなのだが。赤ワインも紙パックのしか無いらしい。うーん、シチューが美味しいだけに残念だ。

大分良い心持ちになり、調子に乗ってサワーお代わりとカスベ煮付け(800円)。温かいのと冷たいのを選べるので冷たいのを注文。軟骨コリコリ、肉も美味。やや塩っぱいがそれが酒に合う。カスベのヌタも珍味でお勧めらしい。

カスベ煮付け 800円

団体さんが来たので酒のお代わりを我慢して目的のあんかけ焼きそば(850円)をオーダー。〆としては少々ボリューミーだが、まあ何とか食べきれるだろう。

あんかけ焼きそば 850円

麺は中太でほぼ揚げ麺。餡はゴマ油が薫る味濃い目の醤油餡。具はイカ・エビ・豚肉、白菜・人参・キクラゲ・干し椎茸・筍・小松菜、紅生姜。餡の滲みた麺がムチムチした食感で実に美味しい。

いやあ、和洋中どれを食べてもハイレベルだった。満足満足。お会計は5750円。一人飲みにしてはいつになく散財してしまったが、そのつもりで来たのでまあ良いだろう。たださすがに食べ過ぎた。液キャべさん、お世話になります。

〆の〆は液キャべ、食べ過ぎた

居酒屋 両國

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0166-23-9173
住所:北海道旭川市四条通7丁目 つつじプラザビル1F
営業時間:11:30~14:00、17:00~翌3:00
(土 17:00~翌3:00、日祝 17:00~24:00)
定休日:不定休
主なメニューあんかけ焼きそば 850円

道産アスパラサラダ 800円
ビーフシチュー 1500円
This entry was posted in 旭川市 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">