利平 (千葉県船橋市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

かつて船橋に『花蝶(はなちょう)』という中華食堂があった。戦後まもなくからその店で出していた「焼きそば」は麺が汁に浸るほどの品でスープ入り焼きそばに近いものだったらしい。それが人気となり船橋で同様のメニューが「ソースラーメン」として広まった。(参考サイト

花蝶は数年前に閉店してしまったがそれらのメニューは船橋に定着し、今でもまだあちこちの店に残っているという。船橋の住宅街にある中華食堂、利平もその一つだ。

船橋市 利平

訪れたのは土曜日の正午少し前。スマートフォンのGPS機能を使って路地をウネウネと捜して歩き、ようやく辿り着いた。テーブル4卓にカウンターが5席ほど。先客は無し。人のよさそうなご夫妻2人で、厨房とホール、出前を切り盛りしている。

「いらっしゃいませー、お好きな席にどうぞ」と促されてテーブルに着席。厨房の上に掲げられたメニューを眺める。

利平 メニュー

予習はしてきていたが、お冷やをいただく際に奥さんに一応確認。

「ソース味のラーメンってありますか」
「あー、ダイヤキ(650円)ですね」
「それをひとつ」
「はい、ダイヤキいちー」

この店では「ソースラーメン」は「ダイヤキ」という品名で通っている。真相は不明だが、花蝶の「大焼きそば」「大焼き」が語源という説もあるようだ。

店に置かれていたマスターキートンを読みながら待つことしばし。「お待たせしました」と、ソースの香りが漂う丼が運ばれてきた。

ダイヤキ 650円

麺は中細の縮れ麺。ラーメン同様、生麺を茹でたもので蒸し麺でも無いし炒められてもいないようだ。具は豚肉、モヤシ、キャベツ、人参、そしてトッピングに小口切りのネギ。具の方は中華鍋でしっかりと炒められている。スープは鳥ガラベースにソースの味付けだろうか。酸味が利いてなかなか美味い。

花蝶の味がどんなだったのか不明だが、利平のそれは黒石・妙光食堂のつゆ焼きそばや塩原のスープ入り焼きそばとは、やはり麺が炒められていない点で味の方向性が異なる気がする。むしろ長坂の成駒屋の名代焼きそばに近いかも知れない。

なかなかのボリュームだったが、最後まで食べ飽きずに完食。食べ終わる頃に3人連れの客が入ってきた。出前注文もあって忙しそうだ。頃合いを見計らってお会計。そういえば営業時間と定休日を確認し忘れた。次回行った折にはちゃんと調べよう。

2012.04.13 追記
その後、営業時間・定休日を調べてくださった方がいらっしゃいましたので店舗情報を修正しておきます。

利平

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:047-422-5182
住所:千葉県船橋市本町3丁目28-6
営業時間:11:30~14:00、16:30~19:00
定休日:火曜日
主なメニューダイヤキ 650円
ラーメン 450円 みそラーメン 600円
ヤキソバ 600円 ギョーザ 400円
カレーライス 600円 チャーハン 700円
オムライス 700円 かつどん 750円
This entry was posted in 船橋市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">