れんがya (栃木県日光市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

れんがyaは日光市の清滝にある焼きそば専門店だ。独特の白い焼きそばは60年の歴史を誇るという。

日光市 れんがya

訪れたのは土曜日の午前11時過ぎ。外観は店名通りのレンガ模様で、まるで喫茶店だ。まだ早い時間だと言うのに店頭にはテイクアウトの品を待つお客さんが何人も居る。中へ入り右手の厨房を覗くと女性スタッフが数人掛かりで大量の焼きそばを作っている。客席はカウンターが4脚、テーブルが6卓ほど。明るくて清潔感溢れる内装である。

「すみませーん、食べて行きたいんですけど」
「はーい、どーぞー」

れんがya メニュー 裏面はドリンク類

メニューは焼きそばの他にはセットやドリンク類のみ。玉子やきそばの並サイズ(550円)を注文してテーブルで待つ。その間も厨房には注文の電話が度々掛かってきて忙しそうだ。

「お待たせしましたー」

しばらくして焼きそばとマグカップに入ったスープが運ばれてきた。イートインだとスープが付くのか、これは嬉しい誤算だ。

玉子やきそば 550円

麺は中細で一本一本が短い。具はキャベツとイカ、それから青海苔も一緒に炒められていた。紅ショウガが脇に添えられ、黄身が半熟の目玉焼きがトッピングされている。全体的に具の占める割合は極僅かで、95%が麺で構成されている。ボリュームたっぷりだ。

ふんわりと柔らかく仕上がった麺はそのまま食べても旨味十分。この白さなので塩味に思われるのだが、物の本によるとソースで薄く味付けされているそうだ。卓上のソースはかなり酸味の効いたタイプで、少量ずつ好みで掛けてるのが良いだろう。目玉焼きを崩しながら後掛けソースと麺を絡めて食べるのが癖になりそうだ。

現在の「れんがya」という屋号になる前は「山本屋」として40年ほど営業していたらしい。そして現オーナーが味を引き継いで20年。地元出身者はこの味を懐かしむ人が多いという。日光の社寺は世界遺産として有名だが、この焼きそばも後世にそのまま伝わって欲しいなあ。

れんがya

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0288-54-0733
住所:栃木県日光市清滝2丁目7-14
営業時間:10:30~18:00
定休日:水曜日
主なメニュー焼きそば 500円 大盛り 650円
玉子やきそば 550円 大盛り 700円
焼きそばセット(ライス・サラダ・スープ付) 650円 大盛り 800円
玉子焼きそばセット(ライス・サラダ・スープ付) 700円 大盛り 850円
ライス、サラダ 各100円
This entry was posted in 日光市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">