北京食堂 (長野県岡谷市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

長野のあんかけ焼きそば人気は天竜川水系にも達していた。岡谷市役所の正面にあるこじんまりした老舗の中華料理店、北京食堂がその好例だ。あんかけ焼きそばを始め、カレーライスやマーボ味噌ラーメンなどが人気のお店である。

岡谷市 北京食堂

12時少し前に入店すると、入れ違いに女性店員さんが岡持ちを携えて出て行った。テーブル5卓でカウンターは無し。先客は家族が一組と1人客。パパはでかい皿で固焼きそばを食べている。

厨房は寡黙な老店主、接客は奥さんが担当している。お昼時だけあって、後客も来たり出前の電話が入ったりで忙しそうである。着席してお冷やとメニューを出され焼きそば550円を注文。「固いの?」と確認されて頷いた。固焼きそばと注文した方が間違いなさそうだ。

しばらく待って固焼きそば登場。うわー、でけー。40cm近い皿に山盛りである。

かたい焼きそば 550円

麺は極太の茶色い揚げ麺。餡の具はキャベツ、人参、ピーマン、玉ねぎ、豚肉など。中央にゆで卵、四方にチャーシュー、ナルト、ハム、カマボコがトッピングされている。

早速パキパキと箸で麺を折り分け、餡に絡めてハフハフ言いながら食べ始める。餡はやや緩めで、野菜の甘みがかなり前に出てる。量の多さに前のめりになって慌てて食べたため、熱々の餡で口の中を火傷してしまった。

お冷やで一息入れてると「酢を掛けると美味しいよ」と奥さんが声を掛けてくれた。なるほど、と卓上の調味料入れから酢を選んで掛けてみる。ふむふむ、さっぱりした味わいで美味しい。この店では北信では定番の辛し酢は置いて無いようだ。

後半戦に入る頃には麺も柔らかくなって美味いことほぐれるようになってきた。この食感の変化が固焼きそばの醍醐味だと思う。食べ終わった頃には完全に満腹になった。

出前から戻ってきた店員さんに、奥さんがまた次の注文を伝えている。地元に愛される老舗の食堂は、また今日も賑わっているに違いない。

北京食堂

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0266-23-4303
住所:長野県岡谷市幸町6-13
営業時間:11:30~14:00、17:00~20:15
定休日:日曜・祝日
主なメニューかたい焼きそば 550円
カレーライス 480円
マーボ味噌ラーメン 600円
This entry was posted in 岡谷市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">