おらほの館 (秋田県山本郡八峰町)

世界遺産・白神山地の南西に位置する秋田県の八峰町(はっぽうちょう)。この町の道の駅・みねはまポンポコ101にある「おらほの館」という物産館内の食事処では豆乳を繋ぎに使った石川蕎麦が食べられる。さらにそれを炒めた焼き蕎麦もあるそうな。

道の駅・みねはまポンポコ101

訪れたのは昨年の6月下旬、平日の昼前。実はこの道の駅、2004年に訪れて温かい石川蕎麦を食べたことがある。そのときと同じく「ポンポコ101って名前、ちょっとふざけてない?」と思ってしまった。

落ち着ける小上がりも

それはさておきおらほの館の食事処へ。入って右手が厨房と注文カウンター。正面にテーブルが7卓、右手に小上がり5卓。最初は空いていたが正午を過ぎる頃には満席になった。

おらほの館メニュー

さてメニュー。一般的な「ざる」や「かけ」の他にそばラーメンやそばパスタなんて品もある。そばめしってのも気になる。攻めてるなーと思いつつ、石川蕎麦やきそば(600円)とざるそば(700円)の両方を注文。

ざるそば 700円

石川蕎麦自体を評価したくて注文したざるそばが先ず配膳された。麺は平たく割と太め。色は白っぽいがところどころに黒いそばがらも混じっている。無骨ながらも無難に美味しい。ただ蕎麦の風味はもの足りないかも。

石川蕎麦やきそば 600円

続いて焼きそば。麺はざると同じ。具はキャベツ・人参・長葱・椎茸。付け合せにワカメスープと沢庵。味付けは醤油ベースの塩コショウであっさりシンプルに。

豆乳を繋ぎに使った石川蕎麦を使用

どうも新規開発系のメニューは厳しい目で見てしまうのだが、こちらも無難な美味しさ。麺が蕎麦である必然性をあまり感じないが真面目に開発した誠意は感じる。

まあ、そばラーメンとかそばパスタとかやってるし、風変わりなメニューの一つということで話の種にはなるだろう。それ以前に食事処の非常に少ないこのエリアでは貴重な店なのだ。

道の駅みねはま おらほの館

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0185-76-4649
住所:秋田県山本郡八峰町峰浜沼田字ホンコ谷地147
営業時間:09:00~18:00
定休日:正月
ホームページ
主なメニュー石川蕎麦やきそば 600円

ざるそば 700円 かけそば 550円
そばラーメン 600円 そばパスタ 650円
そばめし 150円
This entry was posted in 山本郡八峰町 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください