八島丹山 本店 (京都府舞鶴市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

舞鶴に本店のある焼肉店・八島丹山(やしまにやま)も昭和30年の創業以来、ホルモンうどんが名物だという。訪れたのは5月下旬、平日の正午過ぎ。支店も展開しているはずだが意外にこじんまりしている店舗だ。明るいお兄さんが「いらっしゃいませ」と迎えてくれた。

舞鶴市 八島丹山本店

実は普通に注文すると昼飯にしてはかなり高めの価格帯になってしまう。そこで今回はネット限定のホルモン焼きランチ(1500円)を予約しておいた。

「予約したものですが、ちょっと時間より早く来ちゃいました」
「どうぞどうぞ、テレビの見やすい席にでも」

客席は無煙ロースター付きのテーブルが3卓に小上がりが3卓。ジンギスカン風だが放射状に細長い穴が開いた鍋がセットされ、「魔法の水」と記された水差しが用意された。

独特のジンギスカン鍋に魔法の水

「この店は初めてですか?」
「はい」
「では焼き方から説明しますね」

鍋のフチのくぼみに「魔法の水」を注ぎ、沸騰したら野菜類を浸しておく。ホルモンを上の膨らんだ部分で焼くと、タレと混じった肉汁や油脂が縁に垂れて、野菜にホルモンの旨味が行き届くという仕組みらしい。セットには御飯、韓国海苔、キムチが付いて来た。まずは3分の2ほどのホルモンと半分くらいの野菜で御飯をいただく。脂身がプリプリのシマチョウで美味い。

ホルモン焼きランチ 1500円

さらに「バイクの写真をお店のブログへ載せたいが」と言われ、承諾したら1ドリンクサービスしてくれた。しかも本来のドリンク類ではなく無理を言ってアサヒゼロを。サービス精神旺盛なお店である。

〆のホルモンうどんはお兄さんが焼いてくれた。タレの掛かったうどん玉を天頂部で解してから縁の魔法の水に浸す。

いよいよホルモンうどん

あらかた熱が通ったらタレをさらにちょっと掛け、縁の窪みを活用して混ぜ炒め。水分が無くなったら火をとめて上部にまとめて、出来上がり。

ホルモンうどん完成

麺は丸い断面で柔らかいうどん玉だ。腰は無いが柔らかい分ホルモンと野菜の旨味を余すことなく吸い込んでいる。ぷりぷりでこってり、あつあつでうまうまである。うどん玉の方向性は亀山の味噌焼きうどんに似ているが、調理方法は岐阜のケイちゃん焼きそばに似ている。独特で美味しい焼きうどんだ。

タレの滲みたうどんが美味

満腹になってお会計。接客も清々しく、満足度の高いランチだった。ちなみに舞鶴といえば海上自衛隊で有名だが、艦が入港すると隊員達が飲み放題にやって来てえらいことになるらしい。鉢合わせしてちょっとだけ覗き見してみたい。

八島 丹山

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0120-622-140
住所:京都府舞鶴市字浜467-2
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:無休
ホームページ
主なメニューホルモン 550円 特性生うどん 1玉250円

ネット予約限定ランチ
ホルモンうどん 800円(+150円ライス・キムチ付き)
ホルモン焼きランチ 1500円
焼肉ランチ 1900円
This entry was posted in 舞鶴市 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">