ニコニコ屋 (石川県金沢市)

野球の松井秀喜やサッカーの本田圭佑を輩出した金沢・星稜高校。全国的に有名な甲子園の常連校でもある。その星稜の近くにニコニコ屋という軽食屋がある。ネットの情報によると元々はナルックスという地元スーパー内で営業していたらしい。焼きそばとお好み焼きが売りで同校の学生御用達だとか。

金沢市 焼きそば&お好み焼 ニコニコ屋

訪れたのは昨年の10月下旬、平日の昼時。雨上がりの中、鳴和バス停から歩いてすぐに見つかった。ウッディな造りで親しみやすい外観だ。店内も明るくてファミレスかファストフード的な雰囲気。客席はテーブルが大小7卓ほどにカウンター席が3脚。ネクタイ姿や作業着の男性で7割がた埋まっていた。

ニコニコ屋 メニュー

この店は基本セルフサービスで、まず入り口のカウンターで注文と支払いを済ませねばならない。お好み焼き・焼きそば・そばめし・モダン焼きなどのコナモン以外に定食や丼物、デザートまである。

食品サンプルも美味しそう

当初は「チーズエッグカレーそばめし」にするつもりだったが「ハントン焼そば」の文字を見つけてしまった。金沢発祥のご当地グルメ、ハントンライスの焼きそば版だ。

「せっかくの金沢、この土地ならではの焼きそばを食べるのも一興か」

ハントン焼きそば(500円)を注文して代金を支払った後、お冷を汲んで2人掛けのテーブルに着席。

鉄板には焼きそばの山が

店は御夫妻らしき二人で切り盛りしていた。旦那さんが鉄板でガシガシと焼きそばを作っている。次々と客が来て忙しそうだ。10分少々で注文した品がやってきた。

ハントン焼きそば 500円

麺は中細で軟らかめ。具はキャベツと豚肉。癖のないソースでしっとり濃い目に味付けされている。その上に覆いかぶさるのはベーコン2枚を秘めた薄焼き玉子。マヨネーズとケチャップが彩りを添える。

癖のないソースで濃い目の味付け

ハントンライスのようにフィッシュフライやエビフライは乗っていないが、オムそば的な万人受けする味わい。500円なら納得の美味しさだ。麺のボリュームも充分でお腹にたまった。

隣の客が注文していた丼物の大盛はさらにさらにボリューミー。食べ盛りの学生には嬉しいだろうな。次回来る機会があればそばめし系に挑戦してみたい。

ニコニコ屋

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:076-252-4139
住所:石川県金沢市鳴和1-16-1
営業時間:11:00~21:30
定休日:不定休
主なメニューハントン焼きそば 500円
チーズエッグカレーそばめし 750円

焼きそば 380円~ お好み焼 430円~
ニコ丼(ニコ屋風丼) 480円~ 定食類 600円~
This entry was posted in 金沢市 and tagged , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください