ナングロガル (東京都新宿区)

かつて新大久保界隈はコリアンタウンとして知られていたが、最近はネパール人が増えているそうな。「リトルカトマンズ」の異名もあるくらいネパール料理店も増えており、先日はタモリ倶楽部で特集が組まれたほどだ。

今回紹介するのはそんな新大久保にあるネパール料理店のひとつ、ナングロガル。昨年12月にオープンしたばかりだが、現地仕様のネパール料理が食べられる店として、エスニック料理好きの間では人気急上昇中らしい。

新大久保 ナングロガル ビル外観

2月下旬、平日の20時半くらいに訪問。場所は大久保と新大久保の真ん中あたり。延辺料理の店、「千里香」が2階と地下に入っているビルだ。

2階へ登ると「千里香」の入り口とは別に正面にも扉がある。そこが目的の店の入り口だ。表の看板にはカタカナで「ナングロ」と書いてあったが、アルファベット表記だと「ナングロガル」だ。よくわからぬ。それを開けると3階への階段が続いている。3階に店があることを知らなければ、「千里香」へ来ても気付かないままだったろう。

3階への階段入り口

店内は結構広く、テーブルが大小併せて10卓ほどフロアに並んでいる。さらに上の階もあるらしい。テーブルはほとんど埋まっていて、ネパール人を含めた外国人と、日本人が半々くらいの割合だった。

2人掛けテーブルに着席して、まずは生ビール(350円)とサマエポウジセット(1200円)を注文。生ビールがなにげに安いな。地味にプラスポイント。

サマエポウジセット 1200円

サマエポウジセットはネワール族の料理を一皿にまとめたもの。前回のカジャセットと共通する要素も多い。中央が平たい干飯の「チウラ」。上から時計回りで茹で玉子とパンケーキ、揚げた黒目豆、高菜の漬物、大根の漬物、ジャガイモのタルカリ、羊肉、針生姜、カリカリに硬い黒豆。これらをやはり混ぜて食べる。美味い。個別に味見した時とは違う食感と多層的な味わいが楽しい。

混ぜて喰う、美味し

右に見切れている付け合せのタレは酸味が利いている。適度に混ぜると味が引き締まる。ほどよい辛さの中で、パンケーキの自然な甘さがほっとさせてくれる。美味いなー。これ毎日でも食べられるなー、とか思いつつビールもグビグビ。葉っぱの器も趣があって実によい。朴の葉で似たようなの作れないかな?

食べながら店内を観察すると、周りのネパール人がほぼ全員、金属の容器で何かを飲んでいることに気が付いた。メニューを見ても見当が付かない。ビールとサマエポウジセットがあらかた片付いたところで、追加注文のついでに訊いてみた。

「追加注文おねがいします」
「はーい」
「ミックスチョウミン(650円)と、このグンドゥルック(650円)ってのをください」
「ドライとカレーがあるけどどっち?」
「カレーで、あと、あの金属の飲み物なに?」
「トングバ(1000円)っていう温かい酒」
「ほう? じゃ、それも!」

トングバ(1000円)&グンドゥルック(650円)

しばらくしてトングバが、さらにグンドゥルックカレーが運ばれて来た。まずトングバを金属のストローで啜る。ヨーグルトにも似た甘みと酸味を具えた温かい酒だ。アルコール度数はかなり低そうだけど気に入った。全く初体験の味である。

黍で出来たホットビール、トングバ

こっそり蓋を開けると細かな粒々が浮いていた。調べたところ黍で出来たホットビールで、トゥンバ(Tingba)とも呼ぶらしい。磨り潰したフルーツを使ったホットカクテルで粒々はその種かと思ったが違った。1000円という値段だが、飲み終わったらお湯を注ぎなおして何杯か楽しめるので、結果的に割安になる。

グンドゥルックは高菜漬けにも似た酸味と辛味

グンドゥルックは「青菜を発酵させて乾燥させた」という説明書きが添えられていた。高菜漬けにも似た酸味と辛味が効いているカレーだ。残っていた干飯(チラウ)に掛けてしばらく待つとメチャウマ。はまるわ、これ。

ナングロガル メニューの一部

そして締めはミックスチョウミン。チョウミン(Choumin)は3種あり、ベジタブルとチキンが600円、ミックスが650円。お腹に余裕があればネパールの餃子=モモも食べてみたかったが今回は諦めた。

ミックスチョウミン(Mixed Choumin) 650円

チョウミンの麺は中太のストレート麺を使用。乾麺だろうか、細いパスタを思わせる丸い断面で、しなやかなコシがある。前回紹介したプルジャダイニングの麺と全く違っていて面白い。具は鶏肉、玉子、キャベツ、人参、ピーマン、赤ピーマン、玉ねぎ。玉子はスクランブルエッグ風に混ぜ炒めたスタイル。トッピングに青ネギが散らしてある。

複雑な芳香だけど辛くない

味は辛くないがスパイスの豊かな風味が香る。日本中でカレー焼きそばを散々食べたけど、ネパール料理店だとさすがにスパイスの使い方は次元が違う気がする。具材との相性がよく、めっさ美味しい。スパイスを表現する自分の語彙の乏しさが嘆かわしい。グンドゥルックカレーを掛けてもよし。つーか、結構量があるな……。

トングバのお湯をお代わりするなどして食べ進め、お会計は3850円也。好奇心に任せて食べ過ぎた。もう完全に満腹だ。気をつけないと身体も財布も持たないな、こりゃ。

ナングロガル

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-6304-0933
住所:東京都新宿区百人町1-17-10 常陽第2ビル 3F・4F
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休
主なメニューミックスチョウミン 650円
ベジタブルチョウミン 600円
チキンチョウミン 600円

サマエポウジセット 1200円
グンドゥルックカレー 650円
生ビール 350円
トングバ(Tingba) 1000円
This entry was posted in 新宿区 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください