中野商店 (静岡県浜松市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

静岡県西部の焼きそば特集は今週も浜松市から。平成の大合併で市が広くなっちゃって、ややこしくなりましたね。


浜名湖の畔、村櫛町という集落に「たけいちゃ」と呼ばれる駄菓子屋さんがある。ここも店内でお好み焼きと焼きそばが食べられる――と、そんな話をWEBで見かけたが、それ以外に情報なし。ともかく行ってみよう。

浜名湖 村櫛町 中野商店 通称「たけいちゃ」

訪れたのは4月上旬の平日。場所もあやふやだったのだが、事前調査で当たりを付けておいた店でドンピシャ正解だった。地図に記載されている「中野商店」という名称が本来の屋号らしい。

時刻は午前11時頃。中へ入ると「ピンポーン」という自動チャイムが鳴る。「はーい」という声とともに優しそうなおばあちゃんが現れた。

「お好み焼きを食べたいんですけど、やってます?」
「はいはい、大丈夫ですよー」

駄菓子に囲まれた一番奥に鉄板台と椅子が置いてあった。なるほどここで調理するのか。さらにその奥の壁にメニューが貼られていた。

中野商店 メニュー

扱っているのは焼きそば、焼うどんとお好み焼き。お好み焼きの並が150円という安さ。具が増えるごとに価格が上がる。そば・うどんは50円くらい高いようだ。

「では、お好み焼きの肉玉子入り(350円)と焼きそばの肉入り(350円)で」
「はーい」

ついでに冷蔵庫からチェリオのペットボトルも貰った。150円かと思ったらこれが100円。うーん、駄菓子屋恐るべし。AKBのブロマイドやクジ付お菓子など、調理の合間に店内を眺めてまわる。

たけいちゃ 店内

「お好み焼きの味付けはソース? 醤油?」
「醤油でお願いします」

おこのみ 肉たまご入り 350円

まずはお好み焼きだ。ふわっと焼きあがったやつを畳むように小手で切り分けるのは、この地域でおなじみのスタイル。勿論、沢庵も入っている、いわゆる遠州焼きだ。ダシ粉と醤油のなんとも懐かしい味わい。コテコテとは対極のあっさり風味。お箸ではなく小さなフォークでいただいた。

「焼きそばも醤油にします?」
「いえ、焼きそばはソースで」
「はいはい、ソースね」
「あ、焼いているとこ写真撮っていいですか?」
「あはは、どーぞどーぞ」

中野商店のおばあちゃん 丁寧に炒めてます

麺は中太で軟らかめ。具はキャベツにさつま揚げ、肉。トッピングはダシ粉。脇に紅ショウガ。お好み焼きもそうだったが、肉は鶏肉を使っている。どうも静岡県内では焼きそばに鶏肉を使う店が多い気がする。こちらもどことなく優しい味わいだ。

やきそば 肉入り 350円

そもそも子供のおやつ向けなので、お好み焼も焼きそばも量はほどほど。それでもさすがに両方平らげたらお腹もくちくなった。食べた食べた。

「ご馳走様、美味しかったです」
「ありがとうございました、お気をつけて」

静岡県は駄菓子屋文化がまだ残っているほうだが、最近は子供も減って随分と少なくなった。子供だけでなく大人にとっても貴重な場だ。いつまでもお元気で続けてほしいなあ。

中野商店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:053-489-2114
住所:静岡県浜松市西区村櫛町3553
営業時間:11:00~19:00くらい
定休日:不定休
主なメニューやきそば、うどん
 肉たまご2ヶ入り 430円 肉たまご入り 400円
 肉入り 350円 たまご入り 320円 並 250円

おこのみ
 肉たまご入り 350円 たまご2ヶ入り 300円
 たまごキャベツ入り 270円 肉入り 300円
 たまご入り 250円 並 150円

肉やき 150円 目玉やき 80円
This entry was posted in 浜松市 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">