妙光食堂 (青森県黒石市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

さて、千葉特集を終えまして今回からはつゆ・スープ入り系の焼きそばをご紹介します。まずはつゆやきそばで有名な黒石から。


趣のある黒石の町並みを西に抜けると、保食(うけもち)神社という社がある。あまり訊き慣れない号の神社だが、今回訪れたのはその向かいにある食事処・妙光。黒石といえばつゆやきそばで有名だが、その元祖を名乗る店である。ちなみにつゆやきそばは今は無き「美満寿」という店が発祥という説が有力だが、そちらはそばつゆでこの妙光はラーメンスープである。

黒石市 妙光食堂

神社の隣にある専用駐車場にバイクを停めて11:30、入店。まず目に付くのが天井に飾られている巨大な凧。迫力あるねぶたが見事に描かれている。後で伺ったところによると、女将さん自信が描いたものらしい。こりゃ凄い。

客席は6人掛けテーブルが2卓と、5・6人座れる小上がりが2卓。ちょっと変わった構成だ。少し混んだだけで相席にならざるを得ないだろうが、今回は幸い先客無し。

妙高食堂メニュー

メニューは元祖・つゆやきそばの他、麺類、丼物が並んでいる。どれもお手ごろな価格帯だ。テーブルに着席してお冷やを受け取りながら、つゆやきそば650円を注文。

調理するのは入道のような旦那さん。無言のまま厨房で中華鍋を振るい始めた。女将さんは黒いお盆に小鉢の乗せてスタンバイ。完成したメインディッシュを乗っけて運んできた。

「うわ、でか」

元祖つゆやきそば 650円

つゆやきそばの容器が、意外なほど大きなすり鉢だったため、思わず驚きの声が口をついてしまった。容器だけではなく中身もボリュームがある。

麺は黒石独特の太めの平打ち麺。スープは焼きそば用のソースにラーメンの出汁だろうか。魚介系の風味も感じる。具は豚肉の短冊切りと、キャベツに玉ねぎ、人参ピーマンモヤシがバランスよく使われている。そしてトッピングに小口切りのネギと揚げ玉。

麺はコシがあってツルツルシコシコ。この食感は黒石の焼きそば独特だ。味付けは結構濃い目でスープを飲み干すと喉が渇くに違いない。付け合せにワラビの小鉢と大根の漬物も出てきたが、どうにも白いライスが欲しくなる組み合わせである。

食べ終わる頃、幼児とおばあちゃんを含んだ家族連れがやってきた。顔なじみの常連さんなのだろう、小さな子供に挨拶されて入道が布袋様のような顔になった。うーん、なんとも微笑ましい。お腹も気持ちも満たされる店である。

妙光食堂

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0172-53-2972
住所:青森県黒石市元町66
営業時間:11:00~18:00
定休日:不定休
主なメニュー元祖つゆやきそば 650円
凧ラーメン 650円
This entry was posted in 黒石市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">