喫茶モーデン (大阪府大阪市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

8月と10月に食べ歩いた関西の焼きそば特集、今週3軒をご紹介してラストとなります!


「やっぱり焼きそばを1日3食、食べたりするんですか?」

これまで何度かそう訊かれたことがある。しかし期待を裏切るようで申し訳ないが、そこまで焼きそばばかり食べているわけではない。そもそも毎食というのは物理的に無理なのだ。なぜなら朝から焼きそばを提供している店がほとんどないから。東京だと歌舞伎町のかぶきち、西池袋の一鳴。大阪だと新今宮の権兵衛など、店自体が限られている。今回紹介する天神橋筋の喫茶モーデンは、その「朝焼きそば」ができる貴重な1軒だ。

日本一長い商店街 天神橋筋商店街

モーデンは日本一長い商店街、天神橋筋商店街にある喫茶店だ。わらじナポリタンが名物だが、屋号を冠した「モーデン焼き」なる焼きそばも人気らしい。しかも喫茶店なので朝から営業している。こりゃ朝飯として食べるしか無いだろうと、10月の関西遠征、2日目の朝8時半過ぎに訪れてみた。

天神橋筋 喫茶モーデン

天神橋筋商店街の中ほど、JR天満駅から北へ100mちょっと歩いた辺りに目的の店舗があった。天四から天五に代わる境目のちょうど手前だ。8月に大阪を訪れた際にこの商店街を端から端まで歩いてみたが、長さと暑さでクタクタになったっけ。

喫茶モーデン 店頭の食品サンプル

店舗は間口が狭く、奥に長いウナギの寝床スタイル。空いている手近なテーブルに着席して、メニューを確認。食事の筆頭に目的のモーデン焼きが載っていた。しかも定食だ。単品ではなく定食が標準とは、さすが大阪。しかし朝から焼きそば定食を食べるほど空腹なわけでもない。素直に50円引きの単品注文にしておいた。

喫茶モーデン 食事メニュー

注文を受け、奥の厨房から炒める音が聞こえてきた。この日は土曜日で先客は2人。ボックス席でモーニングセットを食べながら、新聞を読んでいる。後から来た客も当たり前だがモーニングセットばかり。「モーニングのCセット、アイスコーヒーで」という注文を、ホール担当の女性が「シーレーコー!」と厨房に通している。なるほど「C冷コー」か。こういう符丁、楽しいなあ。

「おまたせしました、モーデン焼きですー」

モーデン焼き 750円

しばらくして湯気がもうもうと立ち上る鉄板が運ばれてきた。麺は太い茹で麺。生麺ではないと思うがモチモチ食感でいかにも大阪風だ。具は大きめにカットされたキャベツと豚肉。そして生卵のトッピング。構成要素は少ないけど、まさにシンプル・イズ・ベスト。見るからに美味そう。

モチモチ食感の太麺が美味い

味付けは甘口のソース。やや濃厚な風味でスパイシーでもある。定食が推されているだけあって、この焼きそばもご飯が欲しくなる系の品だ。キャベツにしっかり火が通っていて甘いのも自分好み。レベル高いなー。

玉子がソースと一緒に焦げるのよ

玉子を崩して絡めるのももちろん美味い。さらに鉄板が熱々なので、底の方ではソースと混ぜこぜになって焦げ始める。それが香ばしくて堪えられない。朝からソース焼きそばというのも何だが、たまにはこういうのもありだな。むしろ定食にしても良かったかも。

コーヒー 350円

食後にホットコーヒーもいただいて、ほっと一息。昔ながらの喫茶店という雰囲気で、居心地の良い店だ。モーデン焼き単品(750円)にコーヒー(350円)で1100円のつもりだったが、コーヒー付きのモーデン焼き定食=800円の方で会計してくれたのも嬉しい。同商店街にあるスーパー玉手ともども、近所に欲しいなあ。

あ、そういえば冒頭の質問。今回の関西遠征を終えて数えたら、3日間で焼きそば8杯食べていた。結局、ほぼ1日3食やん……

モーデン

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 06-6351-2436
住所: 大阪府大阪市北区天神橋4-11-13
営業時間: 8:00~21:00
定休日: 火曜
ホームページ
主なメニュー名物モーデン焼き定食 800円
※単品は50円引き

わらじナポリタン 800円
This entry was posted in 大阪市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*