もじよ (東京都中野区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

「もじよ」は私の最寄駅、野方にある居酒屋だ。長崎出身のマスターが見繕った地元の名物を手頃な値段で提供していて、本場の長崎ちゃんぽん・長崎皿うどんも勿論メニューにある。2年半ほど前にオープンして以来、日常的に利用させて貰っているお気に入りの店だ。

野方 飲み処もじよ

この日、都立家政のやきとん弐ノ十でバイク仲間兼呑み仲間のサトウさんと偶々一緒になった。もう一軒行きましょうかってことで連れだっての梯子酒。西武新宿線で一駅移動して北原商店街を北へと歩く。新青梅街道を渡って右手にあるのがもじよだ。

店内はカウンターが6脚ほどにテーブルが3卓、小上がりが1席。この店舗は長年蕎麦屋だったためオープン当初はその雰囲気が濃い造りのままだった。しかしその後何度かの改装を経、特にカウンターが設えられてからはすっかり飲み屋の風情である。

緑茶割りとお通しのきんぴらごぼう

マスターに挨拶して空いていたカウンターにサトウさんと並んで腰掛け、まずは緑茶割り(350円)で乾杯。お通しはきんぴらごぼう。肴は人気のアボカド刻みワサビ(380円)を注文。それからサトウさんは初来店てことで、名物の清水かまぼこ3種盛(480円)と雲仙ハムの串焼き(一本250円)をいただいた。

手前が清水かまぼこ三点盛 奥が雲仙ハム串

清水かまぼこはマスターの旧友の実家で作られた揚げかまぼこだそうだ。揚げたて熱々のやつを生姜醤油でいただく。雲仙ハムは島原半島で普及してるポークウインナーで、スライスして串に刺し炙ったもの。こちらも酒に合う。

酒をもう2・3杯ずつお代わりした後で〆に長崎皿うどん(680円)を注文。もじよは食事メニューも充実しているのが嬉しい。長崎ちゃんぽんや皿うどんのほか、ラーメンやスパゲティ、炒飯もあり、食事目当てのお客さんもいるようだ。

長崎皿うどん 680円

ここの皿うどんは極細のパリパリ揚げ麺を使っている。餡は粘度緩めで、具はキャベツ、モヤシ、人参、豚肉、カマボコに、殻つきのアサリと大ぶりのエビが一尾入っていた。エビだけでなかなか豪勢な外観になる。

長崎ではちゃんぽん・皿うどんは家庭でも作る常食らしいが、もじよのそれもどことなく家庭的な味わいだ。特別ではないが食べ飽きず、それでいて時々無性に食べたくなる。小皿に取り分けソースを掛けて食べるところまで、いかにも長崎らしい。

結局この日のお会計は二人で四~五千円だったろうか、酔ってしまったので良く覚えてない。やはり徒歩圏内は気楽で良いなあ。また来ようっと。

もじよ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-5364-9254
住所:東京都中野区丸山2-3-3
営業時間:17:00~翌2:00
定休日:無休
ホームページ
主なメニュー長崎ちゃんぽん 680円 長崎皿うどん 680円

アボガド刻みわさび 380円
清水かまぼこ3種盛 480円
雲仙ハムの串焼き 一本250円

生ビール ジョッキ 480円
瓶ビール(サッポロ/アサヒ) 500円
ホッピー(白/黒) 500円 焼酎(グラス) 450~480円
サワー・酎ハイ 各種350円~
This entry was posted in 中野区 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">