水新菜館 (東京都台東区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

浅草橋の改札を出て北に100mほど進むと、交差点の角に良く目立つ赤い看板がある。そこが水新菜館だ。どこにでもありそうな大衆中華料理店なのだが何でも美味しいと評判で、日常的に行列が出来るらしい。中でもあんかけ焼きそばと広東麺が人気だという。

浅草橋 水新菜館

平日、14:50ごろに入店。カウンターが7、8席にテーブルが5卓ほど。ランチタイムがもう終わろうとしてるのにほぼ満席だ。

ホールのおっちゃん、おばちゃんに「いらっしゃいませ」と笑顔で迎えられ、丁度空いてたテーブル席へと腰掛けた。お冷やを受け取って、あんかけ焼きそば(900円)を注文。あんかけ焼きそばを食べてる客もちらほらいるが、周りは広東麺を始めとしたラーメン類が多い。ランチタイムは麺類に半ライスがサービスで付くからだろうか。

この規模なのに厨房では3人の調理人がせっせと働いている。ガシャコンガシャコンと中華鍋を振るって、5分ほどであんかけ焼きそばが配膳された。

あんかけ焼きそば 900円

麺は中太で表面にはしっかりと焼き目が付いている。餡は褐色で醤油ベースの味付けだ。粘度は普通程度。餡の具は人参、白菜、筍、木耳、袋茸、豚肉に、小エビと鶉の玉子が一つずつ入ってた。人参が特に多く、ちょっと他所の店では見かけない色合いに仕上がっている。この人参の油通しで全体的に油分が多そうに見えるのかも知れない。

熱々の麺に熱々の餡を絡めて頬張る。んー熱いが美味い! 麺のカリカリとした食感と野菜のシャキシャキした食感が絶妙だ。味付けは不思議に懐かしい味わいだ。これと言った特徴は無いのだが癖になりそうだ。麺に比べて餡の量がやや多めか。脇に添えられた練カラシや卓上の酢を使って風味を変えるのもお好みで。

それにしてもホールのおじさん、おばさんの接客が心地よい。私の後にも客が次々と入ってきたが相変わらず愛想良く迎えている。ランチタイムも終わりのはずなのに迷惑そうなそぶりも見せずに客席へと案内する姿勢は素晴らしい。味だけでなく接客も人気の秘訣なんだろうなあ。

水新菜館

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-3861-0577
住所:東京都台東区浅草橋2-1-1
営業時間:11:30~15:00、17:30~20:45
定休日:日曜・第2第4土曜
主なメニューあんかけ焼きそば 900円
広東麺 900円
小龍包 4ヶ1,050円 6ヶ1,570円
This entry was posted in 台東区 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">