己城 (福岡県田川市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

筑豊地方・田川市の田川後藤寺駅前にフッコー(復興食堂)という飲食店があった。名物は「もやしそば」で、一般的な汁そばではなく焼きそば系の独特な品だったそうな。およそ50年に渡り地元で愛されてきたが惜しくも閉店。私が訪れたときには店頭のメニューだけが辛うじて残っていた。

田川後藤寺駅前 フッコー跡地

そのフッコーの「もやしそば」の味を受け継いだのが今回紹介する己城(みき)というお店。フッコー跡地の近くでオープンし、2014年11月に移転して現在は新店舗で営業を続けている。

田川後藤寺 もやしそば 己城(みき)

8月上旬、土曜日の開店直後に訪問。食べログでは以前の店舗の住所が登録されていたため、店に辿り着くのに少し難儀した。店頭には看板メニューの「もやしそば」の写真とともに、「フッコー直伝」の文字が記されている。期待して店内へ。

もやしそば己城 店頭メニュー

真新しい店舗だけあって店内は清潔感に溢れて明るい。客席はカウンター5脚にテーブル4卓、小上がり2卓。先客なし。持ち帰りの予約あるようで店主ご夫妻らしき2人は調理に忙しそうだ。

もやしそば己城 店内の様子

とりあえずメニューを確認。「もやしそば」はダブル・トリプルなどのサイズアップも可能。並は330円と激安な上、さらに学割だと290円になるらしい。他は焼きそばや焼うどんが中心。面白いのはコーヒー。「スタバ級の美味さ」というコピーがとても良い。

もやしそば己城 店内メニュー

「すみません、もやしそばの並(330円)ください」
「はーい」

食べ歩きなので並にしたが330円という安さにどうも恐縮してしまう。セルフサービスのお冷を飲んで待つこと5分弱。出来立ての「もやしそば」が運ばれて来た。

もやしそば 330円

麺は中細の蒸し麺で適度なコシがある。ところどころについている焼き目で、これが焼きそばだと確認できた。具はモヤシとわずかな玉葱、豚肉。モヤシは豆付きで麺とおなしくらいの太さだ。火の通し加減が絶妙で、シャキシャキした歯応えとモヤシ自体の甘さを堪能できる。

麺のコシとモヤシの歯応えがマッチ

味付けは塩コショウに醤油? それともソースだろうか。控えめな味付けでシンプルなはずなのに味わい深い、スパイシーで後を引く美味しさだ。油脂の風味もプラスされ食欲が刺激される。麺とモヤシ、味付けの加減で、滋賀県甲賀市の「スヤキ」を思い出した。なお、こういうタイプはソース後掛けが前提の場合が多いのだが、この店はどうも違うようなので最後までそのままいただいた。

肉の欠片も入ってた、風味付けかな?

一気に食べてお会計。並なのでボリュームはほどほどだがこの値段なら安いくらいだな。ネットを調べると、フッコーの味を懐かしんでやってくるお客さんも多いようだ。こうして無くなりかけた味が引き継がれていくのは、とても嬉しい。機会があればまた訪問したいなあ。

もやしそば己城

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0947-42-9697
住所:福岡県田川市春日町1-25
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜・祝日
ホームページ
主なメニューもやしそば 330円
ダブルもやし 530円 トリプルもやし 730円

やきそば 430円 ジャンボやきそば 630円

焼うどん(野菜なし) 380円
ジャンボ焼うどん(野菜なし) 580円
焼うどん(野菜入り) 480円
ジャンボ焼うどん(野菜入り) 680円

かしわおにぎり 1個 100円
白おにぎり 1個 80円
This entry was posted in 田川市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*