美春 (秋田県大仙市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

秋田で焼きそばといえば横手が余りにも有名ですが、大曲を中心とする大仙・仙北にも特徴的な焼きそば文化があるのです。


かつて秋田県大曲の栄町にカネトクデパート、通称サカトクと呼ばれた百貨店があった。20年ほど前にデパートは無くなったが、サカトク1階の名物だったカレー焼きそばとカレー温麺(うーめん)は地域の味として根付いたようだ。

カレー温麺の方は「大曲カレー旨麺」という名前に変え、最近大曲のB級グルメとして売り出している。一方のカレー焼きそばも長年提供している店が市内にいくつもある。今回紹介する美春もそのひとつだ。

訪れたのは今年の1月中旬、土曜の19時過ぎ。宿を出て雪が積もる裏通りを抜け、丸の内と呼ばれる繁華街へと向かう。県道36号、通称アップルロードを渡るとすぐに看板を見つけた。

大仙市 大曲丸の内町 美春

店に入ると「いらっしゃいませ」とカウンターに腰掛けていた女将さんが迎えてくれた。客はまだ居ない。この店は〆の食事に使う客が多いため、19時台は早過ぎるのだ。右手が厨房でカウンターが9席。右手に広い座敷があり、6卓ほど座卓が置かれている。

美春 メニュー

カウンターに腰掛けてメニューを眺めた。繁華街で敢えて「食事の店」と謳っているだけあって酒肴より食事メニューが充実している。ちなみにこちらの記事によると昭和30年開業のお蕎麦屋さんが前身で、昭和62年に現在地に移転したそうだ。

まずはとりあえず瓶ビールを注文。アサヒスーパードライの中瓶で500円。お通しの生ウニが旨い。

瓶ビール(500円)とお通しの生ウニ

厨房では息子さんとお孫さんが手伝っていた。おでん(500円)や御新香を肴にチビチビ呑みながら女将さんと会話。冬の雪、夏の花火。県南は人が穏やか。ビールは一本で留めて燗酒(300円)に切り替える。

おでん 500円

「鱈の卵、食べられます?」と出していただいたのは極新鮮なマダラの卵(真子)の醤油漬け。普段食べるスケソウダラの鱈子に比べると決め細やか。ぱっと見は大根おろしだがこれがとても美味しかった。

マダラの卵(真子)の醤油漬け

さらに燗酒をお代わりし、頃合を見て〆にカレー焼きそば(900円)を注文。カレー焼きそばは息子さんが作ってくれた。大きなお皿で美味しそうだ。

カレー焼きそば 900円

麺は細麺で柔らかめ。具はキャベツに人参、ピーマン、玉葱、ハム。掛かっているカレーは挽肉たっぷり。まるでキーマカレーのようなカレーソースだ。焼きそば自体の味付けは薄めのソース味で、スパイシーなカレーに良く合う。「良心的な居酒屋の焼きそばは野菜がたっぷり」という持論にもぴったり適合する品だ。

最後にお土産としておにぎり(3個500円)も包んで貰い、1時間ほどの滞在でお会計は3800円。おにぎりは翌朝の朝食に。手前からすじこ、たらこ、鮭。あきたこまちが美味しかった。

おにぎり(3個500円)はお土産に

女将さん、いつまでもお元気で。今度来るときはもっと遅い時間にしようっと。

美春

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0187-63-2693
住所:秋田県大仙市大曲丸の内町5-28
営業時間:18:00~翌1:00
定休日:日曜日
主なメニューカレー焼きそば 900円

おでん 500円 おにぎり 500円
ビール 500円 日本酒 300円
This entry was posted in 大仙市 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">