まるい食堂 (神奈川県三浦市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

京急線の三崎口駅から1kmほど北、国道134号線沿いにある食事処・まるい食堂。かた焼きそばやカツ丼などボリュームのある品々が人気で、地元民や観光客で賑わっている店だ。

三浦市 お食事処 まるい食堂

8月下旬の日曜日、三崎港まで釣りに行く途中に昼飯を食べに寄ってみた。地図を頼りに行くと店が無い。どうやら最近30mほど南に移転したらしい。

地図を頼りに行ったら移転のお知らせ

気を取り直して少々移動し、駐車場にバイクを停めて入店。客席は小上がり6卓、テーブル6卓、カウンター2席。家族連れでほぼ満席。何も出ていない席も多い。

かた焼きそば 950円

注文したのは人気のかた焼きそば(950円)。とにかくでかい。麺は縮れ気味の細麺。餡は化学調味料が利いてる銀餡。具はモヤシ・キャベツ・白菜・玉葱・ニラ・人参・木耳・豚肉。茹で玉子のトッピング。食べれてみると意外に軽い。卓上の調味料に酢がないのがマイナスポイントかな。

ところでメニューに気になる品を見つけた。カレー風焼きうどん(800円)。以前、同市内にある上州屋のカレー焼きうどんを紹介したが、こっちはどんな品なのだろう。

メニューに気になる品が……

どうにも気になって同じ日の夜、釣りの帰りにも寄ってみた。夜は地元客が主体のようで飲んでいる人もちらほら。着席して件の品を早速注文。

カレー風焼きうどん 800円

麺はごく普通の茹でたうどん玉。具は豚肉・モヤシ・キャベツ・玉葱・人参・ピーマン。これらをカレー味で炒め、深めの皿に盛り、生たまごをトッピング。野菜から出た水分で下はつゆだく。深さのある器はこのためか。野菜の甘味でマイルドな辛さだ。上州屋は熱々の鉄板で玉子が割りとすぐに固まったが、生のままでもこれはこれで旨い。野菜たっぷりでボリュームもあり。汗だくになって完食。

カレー焼きうどんは三浦の隠れ名物!?

上州屋と比べ、うどんの太さや皿か鉄板かの違いはあるけど、カレー味で炒めて生玉子をトッピングしてある辺りが良く似ている。もしかしたら三浦市の食文化として密かに成立しているのかも知れない。これは研究の余地がありそうだ。ちなみにこっちのメニューには普通の焼きうどんは無い。あと、密かにそばめし(タルタル付)というのも気になる。

黒崎の鼻方面に伸びる滑走路跡

それから全くの余談だが、この店の少し南、三崎口駅の西側に畑に囲まれた真っ直ぐな道がある。これ、太平洋戦争末期に本土決戦に備えた予備の滑走路の名残だとか。三浦半島はこういう史跡がチラホラあって面白い。

※その後、同系統の品を「三浦カレー焼きうどん」と仮に名付けてまとめました。

まるい食堂

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:046-888-2011
住所:神奈川県三浦市初声町下宮田2756
営業時間:11:00~14:00 17:00~20:00
定休日:火曜日
主なメニューかた焼きそば 950円
カレー風焼きうどん 800円
This entry was posted in 三浦市 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*