まことや 蓮馨寺 (埼玉県川越市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

山利軒、みどりや小峰商店と食べ歩いてきた川越の太麺焼きそば。最後の店は蓮馨寺の境内に出店しているまことやだ。川越まつりなどを通じて川越市民に広く知られ、まことや本店よりもこちらの店舗の方が有名なほど。旅番組などでもしばしば取り上げられる店だ。

川越 まことや 蓮馨寺

これまでに三軒食べてさすがに腹がくちくなった。四軒目に行く前に一時間ほど蔵造りの町を散歩して腹ごなし。蓮馨寺へ着いたのは14時半過ぎだった。

この店を訪れるのは二度目だ。前回は2009年だったか、その頃はテントだったのに、仮設とは言え合板で組み上げた立派な小屋に成長していた。スタッフも以前はおばちゃん1人だったのに今回は若い男性が2人もいた。さらには「太麺焼きそば」と大書された幟に「まことや」のロゴ入りTシャツまで。随分と様変わりしたなあ。

客席はテーブルが正面に1卓、裏手に2卓あって、長ベンチも左手に1つ置かれていた。時間帯が中途半端だったが二人組の先客がいて正面のテーブル席は埋まっている。

まことや 蓮馨寺 メニュー

他の川越の焼きそば屋と同じく、ここもメニューはシンプルな構成。値段は前回から変わってなくてほっとした。カウンターで並300円を注文し、裏手に回ってテーブルに腰掛ける。時の流れに想いを馳せつつ待っていると、やがて割り箸と白い皿が運ばれてきた。

太麺やきそば 並 300円

麺は四角い断面でモチモチした食感の極太麺。まるでうどんだがあくまでも焼きそばなのだ。「高橋製麺」と書かれたトレイが置かれていたので仕入先はそこなのだろう。ソースは辛目でやや濃い目。

具はキャベツと肉片。この肉が妙な食感で、挽肉なのだが少し噛むとボロボロと崩れる。不味いわけではないのだが、丁度、日清カップヌードルの謎肉のようだった。

青海苔、紅ショウガのトッピングは川越焼きそばでは初めてだ。ちょっと珍しい。全体のボリュームはほどほどでペロリと平らげられた。満足満足。

帰りがけ、店員さんに声を掛けてみた。

「ここって以前はテントでしたよね?」
「ええ、ようやく雨風を凌げるようになりました(笑)」

確かに作る方も食べる方も雨風は凌げるに越したことはない。味はなるべく変わらない方が嬉しいけど、必要な変化なら大歓迎としておこう。

四軒立て続けに食べて満たされた腹を抱え、そのまま本川越駅まで歩いて帰路に着いた。都心からも気軽に来れる人気の観光地。また暇を見つけて訪れよう。

まことや 蓮馨寺

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:049-224-2915
住所:埼玉県川越市連雀町7-1 連馨寺境内
営業時間:10:00~17:00
定休日:毎週月曜日
主なメニュー太麺やきそば
並 300円 中 400円 大 500円
This entry was posted in 川越市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">