茶処 真壁ちなー (沖縄県糸満市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

沖縄本島の焼きそば特集も今週で最後となります。ソースでもケチャップでもない変り種3品をご紹介。


糸満の住宅街に茶処・真壁ちなーという店がある。古民家をそのまま利用したカフェで、本島南部の観光では定番とされているグルメスポットだ。女性観光客の評判も良いらしい。ここに変わった焼きそばがあるという。

糸満市 茶処 真壁ちなー

訪れたのは1月下旬、平日の昼過ぎ。那覇空港に到着し、レンタカーを借りて直接赴いた。石垣で囲まれた狭い道路を、ナビを頼りに慣れない運転で悪戦苦闘しつつ何とか到着。赤瓦の屋根にちんまり佇むシーサーが出迎えてくれた。

真壁ちなー 店内の様子

引き戸を潜って人数を告げ、靴を脱いで店内へ。丁度団体客が帰ったところで運よくすんなり入れた。客席は座敷に卓袱台が8卓、廊下の突き当たりにテーブル1卓。メニューは各種チャンプルーの定食や沖縄そば、ドリンク、スイーツが中心だ。目的の品は……と、あったあった。

真壁ちなー お食事メニューの一部

皿そば。括弧書きで「オリジナル海鮮あんかけそば」とある。これがこの店の名物になっているらしい。大中小とあって小が800円、中が900円、大が1100円。等差数列でないのが気になる。

「ご注文は?」
「皿そばの中(900円)と、のみものセット(300円)でシークワーサージュースを」

待つ間に屋内を少し見学。いかにも沖縄という風情の民具が多数置かれていて興味深い。仏壇(?)も独特なんだなあ。

皿そば 中 900円

やがて配膳された皿そば。麺は沖縄そばのそれで極太ゴワゴワ。よーく調べると焼き目も微かにあった。れっきとした焼きそばだ。餡は粘度緩め。具は豚肉・イカ・エビ・レタス・キャベツ・人参・ニラ・モヤシ・玉ねぎ、トッピングに紅生姜。カツオの旨みに胡麻油の風味が絡む。

麺には微かに焼き目も

つゆだくで熱々。独特ながらもとても美味しいあんかけ焼きそばだ。付け合せは大根と人参の膾かな。食べ終わってからコーレーグースの存在に気付いた。あー、掛けてみればよかった。ちょっと悔しい。食後は爽やかなシークワーサージュースでほっと一息。

シークァーサージュース セットで+300円

サンゴの箸置き、琉球ガラスのタンブラー、素焼きのコースター。細部まで配慮されたお洒落な古民家カフェ。食事中も観光客がひっきりなしに訪れて来たが人気なのも頷ける。本島南部へ行く友達がいたらお勧めしようっと。

茶処 真壁ちなー

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:098-997-3207
住所:沖縄県糸満市真壁223
営業時間:11:00頃~15:00頃
定休日:水曜日(不定休もあり)
ホームページ
主なメニュー皿そば 小800円 中900円 大1100円

そば 小400円 中500円 大600円
ちなー御膳 1800円
飲み物セット お食事+300円
This entry was posted in 糸満市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">