支那そば屋 こうや (東京都新宿区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

支那そば屋こうやは四谷にある人気ラーメン店だ。創業は1983年(昭和53年)で、タモリさんも一押しの店だとか。創業当時は現在位置から少し新宿寄りの場所にあったらしいが、2011年に移転。こちらの焼きそばに前々から興味があったので、この機会に訪れてみた。

四谷 支那そば屋 こうや

訪問したのは8月上旬、平日の夜20時近く。四谷駅から甲州街道から北に一本入った飲食街を新宿方面に進む。飲食街がちょうど切れたそのすぐ先に目的の店があった。

間口は狭めだがフロアは意外と広かった。厨房に面した長いカウンター席があり、テーブルも多数配置されている。雨の夜で客は5割ほどの入り。スタッフは数人いて、外国人のバイトもちらほら見えた。

支那そば屋 こうや メニュー

カウンターに腰掛けてメニューを確認。この店の一番の売りはワンタン麺。また一品料理も充実していて、それらをつまみに飲んでいる方々も多かった。

生ビール 500円

私の注文は炒麺(チャーメン/950円)と皿ワンタン(800円)と生ビール(500円)。生ビールはキリンの一番搾りだ。暑い日だったので、写真を撮る前に泡を一口飲んでしまった。ぷはーっ。

皿ワンタン 800円

まず運ばれてきたのが皿ワンタン。餡がぎっしり詰まったのが10個も載っている。添えられているのは葱の削ぎ切りと豆板醤だ。皮が黄色いのはかん水の影響かな。

もっちり重ための皮にぎっしり餡

餡は豚肉主体で下味がほんのりついている。新宿・若月で出すようなチュルンとした口当たりの皮と違い、もちっとした重ための皮だ。しかしこれはこれで食べ応えがあって良い。酢・醤油・ラー油のタレや葱・豆板醤を絡めても美味しい。

しばらくして炒麺も出てきた。しかしその量が予想以上。皿はでかくて、嵩もある。後ろのテーブルの客が「俺でもこの店じゃ2品は頼まないからなあ」と笑っているのが聞こえた。うーむ、知ってればオレも頼まなかったわ。

炒麺(チャーメン) 950円

とりあえず箸を付ける。麺はうどん並みの太麺。ワンタン麺などで使われている麺とは全く異なり、短く柔らかくてグズグズだがそれが良い。具は豚肉・モヤシ・ニラ・人参・玉ねぎ・木耳など、タンメンで使われる品々だ。

味付けはどういえば良いのだろう。旨味主体で醤油少量、黒コショウを効かせてある。野菜炒めに茹でた麺を入れてみた、とでも表現すれば伝わるか。

うどん並みの太麺を使った中華やきそば

こういう太麺の焼きそばは、戦後にオープンした満州引上げ組の中華屋で時々見かけるスタイルで、当ブログでは太麺中華焼きそばというタグでまとめてある。昭和53年創業のこの店で出会えるとは予期していなかったので、ちょっと嬉しい。

前述の通り焼きそばの量は多いが、モヤシが主体で麺は少な目。食べてみるとドンドン減っていく。付け合せのスープは鶏ガラかな。すっきりした味わいだがコクがある。表面に油の層があり熱々なので、火傷しないように気を付けよう。皿ワンタンも汗だくになりつつ食べ進め、どうにか2品とも完食できた。

お会計は2250円。あまりにお腹が苦しいので、四谷から新宿まで腹ごなしに歩いて帰った。青唐辛子を使った辛い麺も美味しいらしい。次に来たときはワンタン麺か、辛い麺か、どっちにしようかなー。どっちにしても、今度は絶対一品だけにしようっと。

支那そば屋 こうや

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 03-3351-1756
住所: 東京都新宿区四谷1-23 上野KGビル 1F
営業時間: 11:30~22:30
定休日: 日曜・祝日
主なメニュー炒麺 950円
皿わんたん 800円
This entry was posted in 新宿区 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*