ホルモン幸楽 小坂店 (秋田県鹿角郡小坂町)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

かつて鉱山で栄えた秋田県鹿角郡の小坂町。日本最古の芝居小屋・康楽館を始めとして、かつての繁栄を忍ばせるスポットが点在していて見所の多い町だ。

その小坂町で長年親しまれてきたのがこちらのホルモン幸楽・小坂店。昼に見学した康楽館でも「夕食はホルモンを」と勧められたほど地元では定番のお店で、この地を訪れる有名人もほとんどが立ち寄るという。この店でも最後は焼うどんで締める人が多いらしい。

ホルモン幸楽 小坂店

訪れたのは昨年6月下旬、平日の夕方。店の前に猫がいた。後で訊いたらこの店の猫ではないそうだがまるで門番だ。

店内は雑然として家庭的な雰囲気。小上がりが4卓か5卓ほどある。壁はびっしり有名人のサインで埋まっている。歌舞伎役者が多い。

壁には有名人のサインがびっしり

スタッフは朗らかなお母さん一人。このお母さんが実に個性的なのだ。快活・明朗な鹿角弁であれもこれもと薦めてくれる。こういうお店、大好き。

ホルモン幸楽 小坂店 メニュー

壁のメニューを確認して、とりあえず生ビール(500円)とホルモン(350円)、サガリ(600円)を一人前ずつ注文。ジンギスカン鍋にどばーっと空け、野菜もどっさり。

ジンギスカン鍋にどっさり

「山菜喰えるか?」
「はい!」

ネマガリダケのマヨネーズ和え、ミズの塩コショウ和えをいただく。美味い。肉も焼けてきたところでビールが無くなった。焼酎(400円)を水割りで注文。

ネマガリダケとミズ

ホルモンはプリプリ、コリコリ。小腸中心だがハチノスやセンマイ、ハツなどの部位もチラホラ入っている。そして絶品なのがサガリ。甘辛いタレにサガリの歯応えと旨味が実に合う。

サガリ 600円

肉が無くなったが少し食べ足りない。ホルモン(350円)と黒板に書かれていた牛筋(300円)、焼酎水割り(400円)を追加注文。この牛筋が凄くて小鍋一杯ほどの量。ホルモンや追加の野菜と一緒に鍋で焼いて食べる。美味いのだが苦しい。ホルモンもさっきよりボリュームあるのではなかろうか。

鍋のふちにうどん玉を広げる

ほとんど満腹だが意地でうどん玉をお願いした。このうどん玉、他の系列店には無く、この店でも切らしてる場合があるそうなので要注意。鍋の淵のタレに浸して味が滲みたところをずるずると啜る。うーん、旨い。タレが煮詰まってかなり濃厚な甘さなのだが、癖になる味だ。

タレの滲みた焼うどん、旨し

テレビを見ながらお母さんとわいわい雑談しつつ食べ終えた。お会計は3700円。あー喰いすぎた。苦しい。ホテルの部屋へ戻ってベッドに倒れ込むとしばらくうんうん唸ってしまった。注文する際は量にご注意を。

ホルモン幸楽 小坂店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0186-29-2030
住所:秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古館21-7
営業時間:11:00~夜(ランチタイムは14時まで)
定休日:年末年始(臨時休業あり)
ホームページ
主なメニューホルモン 350円 サガリ 600円
牛筋 300円
生ビール 500円 焼酎 400円
This entry was posted in 鹿角郡小坂町 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">