杭州飯店 (新潟県燕市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

新潟県央の燕市・三条市を中心に食されている、いわゆる燕三条系ラーメンは中華料理店が主流となって提供している。ラーメン専門店ではないため他の中華系メニューも置いてあり、焼きそばにラーメンの麺を流用している店も多い。人気店、杭州飯店もそんな店の一つだ。

西燕 杭州飯店

訪れたのは1月の日曜日。店内は6人掛けテーブルが数多く置かれ、右奥にさらに客席スペースがある。開店時間の直後なのに既に5割ほど先客で席が埋まっていた。混雑を見越して一人客は相席となる。お冷やはセルフサービス。グラスはモロゾフのプリンの容器を流用している。

杭州飯店 メニュー

さて、注文。まず焼きそばは外せない。それから燕三条系ラーメン自体が未食なのでそれも食べておきたい。ただしラーメン二郎を髣髴とさせる盛りの良さというからフルサイズはやばい。折衷案として焼そば(950円)に加えて、中華そば(750円)を麺半分で注文。半分にしても値段は変わらないが、残すよりは良い。

注文して待ってる間も次々と客がやってくる。正午になるころには行列もできよう。

「麺半分のお客様ー」

中華そば(麺半分) 750円

まずは中華そばが運ばれてきた。さすが半分、ほっと安心する量だ。麺は幅広の太麺で、煮干ダシと醤油ダレの効いたスープに背脂がたっぷり浮いている。具はチャーシューにメンマ、それから薬味に玉ねぎの微塵切り。見た目は二郎っぽいがスープは豚ではなく魚介系の風味だ。評判の店だけあって美味い。一般的な中華屋の並ほどはあったが焼きそばが来る前にスープを残してペロリと食べ終わった。

「なんだ、これなら楽勝だな」

コッテリしたラーメンは普段から東京で慣れているせいもあるのか、恐れていたほどの満腹感はない。胃袋に余裕があればもう一軒別の店にと実は目論んでたのだが、この分ならいけそうだ。なんて思っていたところに真打の焼きそば登壇。むむむ。

焼そば 950円

深みのある中華皿に食べ応えのありそうな自称・焼そば、見た目は焼きうどんがゴソっと盛られている。麺はラーメン同様の幅広太麺。具は豚肉、キャベツ、人参、ニラ、玉ねぎ、筍。脇に紅生姜。本来ならラーメン用のスープも付け合せで出されるようだが今回はラーメンも注文してあるので流石にそれは無い。

とりあえず食べ始める。味付けは醤油ベースでかなりしょっぱめ。ラーメンのタレを流用してるのかも知れない。そして何より際立つのはギトギトの油だ。背脂なのかラードらしき油で麺も具も念入りに炒められている。美味しいことは美味しいのだが正直くどい。油のせいか熱もこもったままで唇を火傷してしまった。

さらに量も随分ある。麺のボリュームは勿論、野菜も大量に使われている。普段なら嬉しいが食べ歩きを考えると複雑だ。焼きそばの残量が半分ほどになった頃には、もうラーメンを食べ終えた頃の余裕は消えていた。

「うぅ、これは次の店は無理だ、諦めよう」

濃い味付けとゴテゴテ油に苦しみながらも、どうにか完食。食べ終えた焼きそばの器には油脂が3mmほどの深さで溜まっていた。

もともと燕三条系ラーメンはガテン系の客向けに作られた品と聞くが、この店の焼きそばも軟弱な胃袋にはハード過ぎたようだ。しかもラーメンとのダブルヘッダーは麺半分とはいえ無謀だった。欲張りすぎは泣きを見るというのが今回の教訓。何事もほどほどに。

杭州飯店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0256-64-3770
住所:新潟県燕市西燕49-4
営業時間:11:00~20:30
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
主なメニュー焼そば 950円
中華そば 700円 大盛りそば 800円
チャーシューメン 850円 餃子 700円
This entry was posted in 燕市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">