国境食堂 (奈良県奈良市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

奈良市から京都方面へ北上する主地道44号・奈良加茂線の県境近くに、その名も国境食堂と称する食事処がある。カツ丼などボリュームたっぷりのメニューが人気なのだが、そのひとつに和風皿うどんなる品がある。興味が沸いた。

奈良市 国境食堂

訪れたのは昨年の4月中旬、平日のお昼時。いかにも街道沿いの食堂らしく、駐車場は広い。店舗の造りは純和風でなかなか凝っている。店内も広く、天井が高い。

客席はテーブル6卓に小上がり8席。「お一人様ですか? こちらへどうぞ」と花番さんにテーブル席の一角へ促されて着席。先客が5~6組居たが、後から後から客がやって来てそのうち相席になった。なかなか人気のようだ。

国境食堂 メニュー

メニューはうどんと丼物、定食が中心だ。特にカツ丼が大きくて有名らしい。他の客を見たら、とんかつ定食がよく出ていた。焼きそば定食なんて品にも惹かれるが、とりあえず予定通りに和風皿うどん(880円)を注文した。

「地下百米の真水を使用しております」と謳っているお冷を飲みつつ待つこと数分。「お待たせしましたー」とでっかい皿が運ばれてきた。生きが良過ぎて麺の端が飛び出ている。

和風皿うどん 880円

麺は中太でカリカリに揚げられている、いわゆる固焼きそばだ。長崎風の皿うどんに比べると随分太い。皿の直径は40cm弱で、ボリュームもかなりのものだ。餡は透明で粘度が高いタイプ。具は干し椎茸、木耳、白菜、人参、竹の子、蒲鉾、豚肉。

さて食べようと割り箸ではみ出た麺を折ったら、切れっ端がどこかへ飛んでった。やはり生きが良すぎる。餡は干し椎茸と昆布の出汁が効いていて、その名の通り和風だった。パリパリの麺に絡めて食べると美味い。餡の水分で程よく戻った麺も美味しい。量は多いが苦しくなるほどではなかった。満足満足。

「和風」を謳っているので、もしかしたら池之端藪のように和蕎麦を使っているかと思ったがそれは違ったようだ。念のため会計の際に尋ねたら「フライ麺です」と答えられた。調べてみると奈良や大阪では固焼きそばのことをフライ麺と呼ぶ場合があるらしい。勉強になるなあ。

国境食堂

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0742-22-8725
住所:奈良県奈良市奈良阪町2611-5
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休
主なメニュー和風皿うどん 880円 ミニ丼付き 1280円

カツ丼 800円 ミニうどん付き 1120円
カツ丼(大) 980円 ミニうどん付き 1300円
This entry was posted in 奈良市 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">