こはまや (埼玉県吉川市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

埼玉県吉川市にレストランこはまやという食事処がある。2階がダンスホールになっていて、その公式サイト(?) では次のように紹介されている。

総業50年の歴史を誇る吉川名物「いなか焼きそば」の名店。

焼きそばが名物と聞いては放っておけない。しかもその焼きそばが何故かつゆだく気味の品だとか。鯉風先生のブログを見ても、かなりのビシャビシャ具合である。これは行かねばと1月中旬、風の強い日曜日のお昼時に訪れてみた。

調節地を中心に開発された越谷レイクタウンから県道52号=越谷流山線を東へと向かう。中川の市境を越え、吉川市の保交差点の先で焼きそばの幟を発見。2階が緩やかなカーブを描く特徴的な建物が目的のレストランこはまやだ。

吉川市 レストランこはまや

広い窓で明るくゆったりした造りの店内へ。客席は小上がり5卓、ボックス5卓、テーブル5卓。それと八人掛けのテーブルが1つ。先客は二組。スタッフは厨房が男性3人ほど、ホールにお姐さん一人。

レストランこはまや メニュー

さてメニュー。価格は税抜き価格らしい。焼きそば・ラーメンなどの他、ハンバーグやオムライスなど洋食がメインの品揃えだ。焼きそばは何種類かのバリエーションがあり、お得なセットの類もある。一番基本となるのは682円(税込)のこはまや焼きそばらしいが、今回はサイトで名物と謳っていたいなか焼きそば(840円・税込)を敢えて注文。盛りは普通で。

お冷を飲みつつ待つこと7~8分で配膳。ん? 思っていたほどつゆだくでは無いぞ……?

いなか焼きそば 840円

麺は中細の茹で麺。具は豚肉・油揚げ・キャベツ・白菜・インゲン・人参・木耳・モヤシ・筍。ナルトの千切りと錦糸玉子がトッピングされている。なかなか豪華だ。

熱々しっとり、田舎風?

食べてみるとかなり熱々。麺は柔らかく、しっとりした仕上がり。ソースも使われているのだろうが野菜の旨味や出汁がベースで円やかな味わいだ。不思議な風味で、なるほど田舎っぽい。具沢山でボリュームもあり、名物として地元で人気なのも分かる気がする。

作り手などでつゆだく具合は変わるのだろうが、十二分にしっとりしていて特徴的な焼きそばだった。こはまや焼きそばは具がキャベツと肉・鳴門のみと少なく、その代り青海苔が掛かっているらしい。次はそっちを食べてみたいな。

こはまや

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:048-982-0107
住所:埼玉県吉川市保101-2
営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00
定休日:木曜日
主なメニューこはまや焼そば 682円
いなか焼そば 840円

焼そばセット(ライス、スープ、コーヒー付)
1.A(とんかつ、焼そば、サラダ) 1050円
2.B(ハンバーグ、焼そば、サラダ) 1050円
3.C(和風チキン、焼そば、サラダ) 945円
4.D(オムレツ、焼そば、サラダ) 945円
This entry was posted in 吉川市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">