喜久はな井 (愛知県名古屋市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

頃は今年2月下旬、土曜日の昼間。前回紹介した鈴木商店の程近く、大須・新天地商店街を歩いていると、身代わり不動尊の隣に「喜久はな井」という一風変わった店を見つけた。決して上手とはいえない手製のイラストで外観が飾られていて、個性的な店の多い大須界隈でもひときわ目立つ。しかもどうやら焼きそば・お好み焼を商ってるらしい。

大須・新天地商店街 喜久はな井

興味をそそられ、その日時間を改めて18時半過ぎに訪れてみた。店内は右手に厨房があり、客席は鉄板前と正面の壁沿いにカウンター席が10席ほど、それと6~7人掛けの大きなテーブルがひとつ。19時の閉店時間が近いためか先客は無し。

「いらっしゃいませ」

スタッフは厨房におばちゃん一人。テーブル席に着いて壁のメニューを確認する。

喜久はな井 メニュー

メニューもやはりイラストが添えられている。こっちは素直に可愛らしい。お好み焼き・焼きそばとも「並」は豚肉と玉子、「上」はイカと玉子、さらにその上はイカと豚肉と玉子が入っているらしい。余計なお世話だが一番最後のは「ミックス」とかに呼び方を変えるべきではなかろうか。

「焼きそばの並(500円)とビールの小瓶(450円)、ください」
「ビールはアサヒとキリンがありますが」
「キリンで」

ビールをチビチビやりながら調理の様子を観察。肉と野菜と麺を鉄板に置いてしばらく蒸し焼き気味に。頃合を見て小手で解しながら混ぜ炒め、塩コショウとソースで味付け。その横に玉子を割り、殻で黄身をざっと崩す。そこに麺・具を載せて「ヨッ」と引っくり返し、皿に盛り付けて出来上がり。

焼きそば 並 500円

麺は中太でやや固め。腰の強さが特徴的だ。具はキャベツと豚肉。キャベツは歯応えのある感じに仕上がっている。脇に紅生姜が添えられ、トッピングには前述のとおりの玉子焼き。青海苔は卓上に置かれているのでご自由に。味付けは酸味の強いソースで、この地域ではちょっと珍しい。卓上にあるソースも同様の味のウスターソースだった。全体のボリュームはほどほどでビールの肴にちょうど良い。

「ご馳走様、美味しかったです」
「ありがとうございます、950円になります」
「表の看板、面白いですね」
「そうですか? ふふ」

後から知ったがこの店、こう見えて昭和48年開業の老舗だそうだ。ちなみに表のイラストは十二支らしい。なるほど、言われてみれば分かる気がする。今度行ったらじっくり眺めてみよう。

喜久はな井

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:052-241-0547
住所:愛知県名古屋市中区大須3-29-15
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日(月1回 月・火連休)
ホームページ
主なメニュー焼きそば、お好み焼
並(豚肉+玉子) 500円
上(いか+玉子) 550円
上2(いか+豚肉+玉子) 600円
マヨネーズ 50円
This entry was posted in 名古屋市 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">