かりん (栃木県鹿沼市)

個性的な焼きそばが全域に渡って散在している栃木県。宇都宮の西側に位置する鹿沼市にも、細い蒸し麺を使った焼きそばにそぼろ状の豚挽き肉をトッピングする特徴的な焼きそば文化がある。これまでにまつやそば店ならやを紹介したが、口粟野にあったひかり食堂という店が元祖だとか。

鹿沼市 口粟田 かりん

そのひかり食堂の店と味を継いだのが今回紹介する焼きそば専門店・かりん。場所は口粟野丁字路の近く。個人商店の駐車場の奥まったところで、ナビが無いと辿り着けないかも知れない。

訪れたのは8月上旬、土曜日のお昼時。実はここへ来るのは3度目なのだが、これまで定休日や臨時休業ばかりで、実食するのは今回が初めて。入店すると品の良いメガネの女将さんが「いらっしゃいませ」とお出迎え。

かりん 店内の様子

古い傾いだ木造の建物で客席はカウンター7席ほど。先客は無し。床が金属の板(ブリキ? トタン?)で補強されていて、なかなか味のある普請である。こういうお店、大好き。

かりん メニュー

さてメニューだが専門店なので焼きそばしかない。ミニ、並、大盛、特盛の4サイズ。横に「しょう油味あります」との貼り紙もあるが、とりあえずオーソドックスに焼きそばの並盛(400円)を注文した。

女将さんは2つの中華鍋を駆使して調理している。左手にコテ、右手に菜箸を持ち、右の鍋で麺を解し炒め。左の鍋では下処理された挽き肉を炒っている。電話注文も入っているのでかなりの量だ。麺は塩コショウでよーく炒めてからソースでサッと味付け。女性らしく丁寧に盛り付けて出来上がり。

焼きそば 並盛 400円

麺はストレートで低加水の細麺。キャベツが一緒に炒められ、豚挽き肉・青海苔・刻んだ紅生姜がトッピングされている。味付けは酸味強めのソース味。まつやそば店やならやに比べるとやや濃い目かな。食べているうちに挽き肉の甘塩っぱさも生きてくる。単純なようで複雑な味わいだ。美味い。

ソースと豚挽き肉が細麺に良く合う

付け合せの胡瓜と茄子の浅漬けで口の中をさっぱり。デザートのグレープフルーツも嬉しいなー。

「何かご覧になっていらしたんですか?」
「ネットなんかで見て、焼きそば食べ歩くのが好きなので」
「いかがでした?」
「美味しかったです、また寄らせていただきます」

おまけのグレープフルーツが嬉しい

見付けるのも入店するのもなかなかハードルが高いが、鹿沼独特の焼きそば文化を語る上で外せないお店だろう。下野新聞社の『栃木の焼きそば 』によると、ひかり食堂の営業が45年間、かりんが継いで2011年時点で5年だったとか。五十余年の歴史あるソース焼きそば。鹿沼を訪れた際はお試しあれ。

かりん

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0289-85-1070
住所:栃木県鹿沼市口粟野1659
営業時間:10:30~13:30 17:00~18:30
定休日:日曜
主なメニューミニ焼きそば 300円
並盛焼きそば 400円
大盛焼きそば 500円
特盛焼きそば 600円
This entry was posted in 鹿沼市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください