兼平焼そば店 (青森県青森市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

兼平焼そば店は青森市、といいつつも青森市街より黒石に近い旧浪岡町にある。浪岡駅から旧国道を北上して、商店街に忽然と現れる看板が目印だ。

兼平焼そば店

七月初頭の平日、午前10時過ぎに訪問。女将さんから「いらっしゃーい」と声が掛かる。先客無し。テーブルが四つに小上がりが二つ。表は全面ガラス張りで明るい雰囲気のお店だ。

壁に張ってあるメニューを確認。焼きそばは100円から始まって、150、200、300、500円という値段設定。トッピングなどのオプションは無いが、価格差は麺の量にのみ影響するのだろうか? そのほかにもおでんやカレー、そば・うどん、果てはガリガリくんまで売っている。専門店というよりは軽食屋かも知れない。

とりあえずテーブルに着いて、標準サイズとされている焼きそばの300円を注文。セルフサービスのお冷やを汲むついでに厨房をチラリと覗くと、炊飯器で保温されている焼きそばの麺を取り分けている様子が見えた。これが価格に応じて変わってくるのだろう。それからレンジの「チンッ」という音。はて、何に使ったのだろう? しばらくして焼きそばが登場した。青い絵皿にキャベツの緑と紅生姜の赤が映えて、彩が鮮やかだ。

焼そば 300円

麺は黒石独特の平太茹で麺。やはり地域的に黒石の焼きそば文化に属するのだろう。味付けはあっさり薄め。濃い目の味が多い青森ではちょっと珍しい。具はキャベツに豚肉、トッピングに紅生姜。キャベツは刃物ではなく手でちぎって処理してある。キャベツも豚肉も油脂が使われた形跡が無く、茹でてる感じでもない。もしかしたら、これをレンジで調理してたのかな。安くて美味しいだけでなく、なかなかヘルシーな焼きそばだ。途中から卓上のソースを少し掛けたが、こちらはかなり酸味が効いている。自分の好みに調節して食べると美味。

食べている最中に厨房で旦那さんがソースの容器を振っているのが見えた。恐らく市販のソースを複数使って独自ブレンドしてるのだろう。機会があれば、調理方法について尋ねてみたいものだ。きっとおでんも美味しかろうなあ……と思って、その翌日再訪してしまった。おでん300円はほのぼのした味わい。やきそば100円は麺のみで具無しだった。

味噌おでん300円と焼そば100円

兼平焼そば屋

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0172-62-3185
住所:青森県青森市浪岡大字浪岡字細田191
営業時間:9:00~20:00
定休日:不定休
主なメニュー焼そば 100,150,200,300,500円
味噌おでん 100,200,300,500円
This entry was posted in 青森市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">