過橋米線 秋葉原店 (東京都千代田区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

中国の雲南省に過橋米線(かきょうべいせん)と呼ばれる麺料理がある。米線(べいせん・ミーシェン)は米を原料にしたライスヌードルの一種だ。通常は熱々のスープで食べるのだが、料理名そのままの屋号の雲南料理店「過橋米線」ではそれを炒めた焼き米線が食べられるそうな。

中国雲南酒膳坊 過橋米線

8月上旬、平日の正午前、過橋米線の秋葉原店を訪れてみた。店舗は蔵前橋通り沿いのビルの中二階にある。秋葉原店となっているが最寄り駅は地下鉄の末広町。JRだと御徒町駅からも御茶ノ水からも似たような距離じゃないかな。

過橋米線 店内の様子

フロアにはテーブル多数。入店時には半分ほどの入りだったがすぐに混み合い、どのテーブルも相席となった。都内の飲食店はランチタイムのピークはどこもこんな具合だよね。

過橋米線 ランチメニュー

さてメニュー。鶏肉や牛肉、海鮮などスープで食べる各種米線は750円、冷やし米線は900円となっている。注文したのは焼き米線セット(800円)。そのほかに定食もあり、周りではそちらの方が良く出ていた。

米線のざっくりした説明文

メニューの上部には「米線って、話題の米粉からできたうどんのこと。」というざっくりした説明が書かれている。名前の由来や特徴はお店の公式サイトに詳しく載っているので、興味のある方はそちらをどうぞ。

焼き米線セット(ランチ) 800円

と言ってる間に料理が運ばれて来た。米線、スープ、奴、お新香、デザート。盛りだくさんだ。

焼き米線=太くてモチモチのライスヌードルを炒めた品

米線はやや太めで丸い断面の麺だ。腰はないがしなやかでモチモチ・プリプリ。ライスヌードルというと米粉・ビーフンや河粉・フォーなどが知られているが、米線はそれらとまったく違う独特の食感だ。

濃い目の味付けでコッテリ風味

具は挽き肉、脂身、ニラ、モヤシ。溜まり醤油と砂糖で甘しょっぱく、油ギトギトで濃厚な味付けである。脂身は鶏、挽き肉は豚かな? そのあたりはちょっと自信がない。コッテリした味わいで美味しい。

デザートのタピオカ、冷たくて美味しい

スープはカキ玉子であっさり風味。冷奴、お新香は口直しに。デザートのタピオカで締め。冷たくて美味。すっかり満腹になった。ランチということもあってコスパが良い。

「米粉でできたうどん」と説明されているが、うどんとも明らかに違う米線。中国の麺は奥が深いなあ。スープでスタイルの伝統的な過橋米線も食べてみたい。

過橋米線

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-3835-7520 (お問い合わせ専用番号)
住所:東京都千代田区外神田6-5-11 MOAビル 1F
営業時間:11:30~14:30 17:00~24:00
定休日:無休
ホームページ
主なメニュー焼き米線セット(ランチ) 800円

鶏肉米線(ランチ) 750円
伝統雲南風過橋米線(白湯味orマラー味) 980円
This entry was posted in 千代田区 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*