いづみや 本店 (埼玉県さいたま市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

大宮駅の東口に「いづみや」という大衆酒場がある。右が本店、左が第二支店で創業は昭和22年。毎朝9時半から店を開け、大宮競輪場で懐が寂しくなった先輩方をいつでも温かく迎えている。

大宮駅東口 いづみや 本店

訪問したのは12月中旬の週末。大宮駅の東口を出るとすぐに看板が眼に入った。初めてなのでまずは本店の方に入ってみよう。店内は結構広い。左の壁際にカウンター5席。中央には長細いテーブルが並べられ合計40席ほど。さらに右の壁沿いに4人掛けテーブルが4卓。午前11時という早い時間なので客もまばらだ。入り口近くに適当に腰掛けたが、冷たい風が入り込んで失敗だった。

いづみや本店 メニュー

メニューは壁にびっしりと貼られている。定食やラーメンもあって、どれも手頃な値段だ。「なんにします?」と女性の店員さんに訊かれ、一瞬迷ってから瓶ビール中(460円)とモツ煮込み(170円)を注文した。

ビール(中瓶)460円とモツ煮込み170円

ビールは嬉しいサッポロ赤星。モツ煮はこの店では定番の品。シロ主体でトロッとした感じに煮込まれている。量は少なめだがこれで170円なのだから文句なし。

店員さんは男性スタッフもチラチラ見かけるがほとんど全員おばちゃん、もといお姐さん。ホールと厨房でそれぞれ2・3人ずつ配置されている。滝正宗を入れたヤカンを手に、常連さんのコップに注いで回るのがなんとも素敵だ。さすがに写真は撮らなかったが、厨房の壁も前衛芸術のようで趣があった。

カレーコロッケ 300円

追加の肴は悩みぬいてカレーコロッケ(300円)をオーダー。揚げたて2つが千切りキャベツに乗っけられてやってきた。一つめはソースを掛けてガブリ。ふーむ、ジャガイモのみで挽肉皆無とは潔い。二つめは醤油でいただいた。

ついでにビールのお代わりで選んだのは梅割り(220円)。この店では予め梅割りにした焼酎を瓶詰めしておくようだ。角6勺のグラスに並々注がれ、早速一口。うーん……きくー。

梅割り 220円

〆に焼きそば(550円)を注文。店頭のガラスケース内には600円と書かれていたが、ま、安い分には気にすまい。焼きそばを待つ間に梅割りをお代わり。

「伝票の文字が赤いのと青いのとあるけど何故です?」
「あー、書く人によって色が違うのよ」
「へー、なるほど」

店のお姐さんととりとめもない会話をして待つことしばし。「はい、お待たせ」と焼きそばがやってきた。食事メニューは何も言わずにお冷が付いてくるのだろうか、その心配りが嬉しい。

焼きそば 550円

麺は中太で柔らかめの蒸し麺。具はキャベツ、ニンジン、モヤシ、玉ネギ、豚肉。何故かニラも一切れだけ入っていた。青海苔は無しで脇に紅生姜。味付けはソースであっさりめ。野菜不足になりがちな飲兵衛に優しい焼きそばだ。なめたけの空き瓶に入った七味をパッパと振って、つまみ代わりに平らげた。旨し。

私の焼きそばがやってきた直後に他のお客さんも焼きそばを注文していたが釣られたのかな。お会計は〆て1920円。「1500円以上御飲食の方に粗品進呈」とレジに書かれていたので一体何かと思ったらウコンのドリンク剤だった。これは助かる。どこまでも飲兵衛に優しいお店だなあ。

いづみや 本店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:048-641-0211
住所:埼玉県さいたま市大宮区大門町1-29
営業時間:9:30~22:00
定休日:月2回不定休
主なメニュー焼きそば 550円
モツ煮込み 170円
カレーコロッケ 300円

ビール(中瓶) 460円
梅割り 220円
This entry was posted in さいたま市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">