一平 (東京都品川区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

東京裏路地“懐”食紀行』という文庫本に掲載されていた居酒屋・一平。かつては大崎広小路のガード下にあった店だが、京急線の耐震工事で余儀なく移転したようだ。現在は五反田から少し歩いた首都高目黒線の高架沿いにあるマンションの一階で営業をしている。その本では塩焼きそばが紹介されており、読んでいるうちに興味がわいた。

西五反田 居酒屋 一平

実際に訪れたのは2年余り前になる。2011年11月の平日、19時半過ぎ。すりガラスの引き戸を開けると、一番奥に厨房、その手前にL字のカウンター、そしてそれを囲むように2人掛けのテーブルが8卓ほど置かれていた。客席は8割がた埋まっていて、ほぼ全員が常連のようだ。スタッフは女性店主とお手伝いの中国人女性。一番厨房寄りのカウンター席に腰掛けてビールの大瓶(550円)を注文した。

「キリンとアサヒがありますが?」
「じゃ、キリンで」

ビール大瓶(550円)とお通し(250円)

肴に刺身の盛り合わせ(350円)を注文。お通しのタコとネギのぬた(250円)をつまみながら待つことしばし。〆鯖、マグロ、タコ、イカが豪快に盛りつけられてやってきた。これで350円は激安だ。

刺身盛り合わせ 350円

メニューの写真が見づらいかも知れないが、その他のつまみも含めてこの店は全般的に値段が安い。

居酒屋 一平 メニュー

次に注文した豚肉のケチャップ炒めも出された瞬間、「え? これ、300円で良いの?」と思ってしまった。さらに何故かリンゴまでおまけでいただいた。うーん、なんて良い店だろう。

豚肉ケチャップ炒め 300円

ビールの後に酎ハイ(300円)を2杯お代わりして、締めに焼きそば(400円)を注文。肉・野菜をフライパンで炒め、レンジで袋ごと温めた市販の麺を投入。件の本では「(味付けは)その日の気分で……」と書かれていたが今日はソースのようだ。付属の粉末ソースとそれとは別のソースを使って味を調えてできあがり。

焼きそば 400円

下味が付けられた豚肉とキャベツ、ピーマン、ニラ、モヤシが使われている具沢山のソース焼きそばだ。「良心的な居酒屋の焼きそばは野菜たっぷり」という私の持論を裏付ける品だ。つまみによし、締めによし。

たらふく食べて呑んで御会計は2,450円。お腹にも懐にも実に優しいお店である。思い出したらまた行きたくなってきた。近所にあったらきっと通ったことだろう。

一平

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-3493-7730
住所:東京都品川区西五反田7-20-13 セブンスターマンション第7五反田 1F
営業時間:17:00~23:00
主なメニュー焼きそば 400円

刺身の盛り合わせ 350円
豚肉ケチャップ炒め 300円
ビール(大瓶) 550円
酎ハイ 300円
This entry was posted in 品川区 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">