いむらや 石堂店 (長野県長野市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

長野県では、北部を中心に、あんかけ焼きそばが「焼きそば」として浸透している。麺の太さや揚げてあるか否かは店によってまちまちだが、その人気はソース焼きそばよりも根強く、県下のあちこちに個性的なあんかけ焼きそばの店がある。中でも長野市のいむらやは創業50年の歴史を誇る老舗で、長野市に3店舗を構えて地元客の支持を集めている。

味の道草 いむらや石堂店

今回訪れたのは長野駅からほど近い、いむらや石堂店。長野駅から末広町交差点へ進み、右折して善光寺方面へ向かうと、左手に西友の長野石堂店がある。その西友の裏口側の路地に面しているのが目的の店だ。建物の外観は真っ赤で派手だが通りからは見えづらいため見つけるのに苦労した。

訪問したのは日曜の11:30。店外ディスプレイの食品見本を見て、妙に気分が盛り上がる。自動ドアを入ると、カウンター席が両側に並んでいた。突き当りに食券売り場があり、右手にも、もう一つ出入り口とカウンター2列。テーブル席は無い。ちょっと戸惑ってしまう作りである。とりあえず食券売り場で焼きそば一つを注文。

「持ち帰りですか?」
「いえ、食べてきます」
「500円になります、食券をお持ちになって席でお待ちください」
「はーい」

適当な席に腰かけて店内を観察。三分の一くらいの席は既に先客で埋まっていた。やはり皆が皆、焼きそばを食べている。持ち帰りの客も多い。

「おまたせしましたー」と、やがて焼きそばが登場。麺と具がこんもりと山になって、餡も皿から溢れんばかりだ。量が多いとは聞いてたが想像してた以上である。これで並盛なのか。

焼きそば 500円

麺は珍しい白色で、細目の平打ち、ストレートの揚げ麺。程よいトロミのついた餡はキャベツに筍、シイタケ、きくらげがクタクタに煮込まれている。トッピングにチャーシュー、錦糸卵、さやえんどう。

まず出された状態のまま食べてみたが、餡がかなり甘い。寒い地域では甘い味付けが好まれるというから、わざとこういう味付けなのだろうが、食べ続けるうちにくどく感じてくる。

そこで登場するのが卓上にある「からし酢」。黄色い辛子を酢で溶いたものが、ホットドッグのマスタードのような容器に入ってるのだ。これを「ちょっと掛け過ぎたか?」とハラハラするくらいダバダバ掛けると、餡の甘さが中和され、爽やかな口当たりになる。白さが特徴の細目の揚げ麺は、時間が経ってもパリパリとした食感が失われず、最後まで美味しく食べられた。トッピングのチャーシューの独特な味わいも特徴的だった。

食後は腹ごなしに善光寺参り。信州といえば蕎麦が有名だが、焼きそばだって旨いのだ。

善光寺

いむらや石堂店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:026-226-2238
住所:長野県長野市大字南長野南石堂町1423
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日・盆・正月
主なメニュー焼きそば 500円 大盛570円
中華そば 390円 大盛460円
シュウマイ(一皿5個) 350円
This entry was posted in 長野市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

『いむらや 石堂店』に2件のコメントがあります。

  1. mau says:

    ご無沙汰しております、mauです。
    11/9(月)、長野出張の折に「いむらや」さんにお邪魔しました。前に並んでいた人が「焼きそば、ヤワで」と言っていたので興味を引かれ、ワタシも同じものを注文。出てきたものは餡は同じでしたが、麺はこれまで見たこともないものでした。なんというか水で戻す前の干瓢を細く削いだような感じ。「これは揚げる前の麺なんだろうか?」と疑問に思っているうちに餡が沁み込んで普通のヤワ焼きそばっぽくなって行きます。食感も不思議な感じでした。写真を撮らなかったのが悔やまれます・・・長文失礼いたしました、ご存知の情報でしたらお許しくださいませ。

  2. SaltyDog says:

    mauさん、お久しぶりです。
    「いむらや」さんでヤワ麺があるんですね。
    私も知りませんでした。うーん、食べてみたい……
    貴重な情報ありがとうございました!
    今度長野へ行く機会があったら試してみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">