兵六 (東京都千代田区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

神保町は三省堂の裏手にある居酒屋・兵六(ひょうろく)。行きつけの飲み屋の常連さんからこの店に名物の炒麺(やきそば)があると聞いてやってきた。

神保町 兵六

訪れたのは金曜の19:30ごろ。週末のためか、かなり混雑している。「奥へどうぞ」と促され、コの字のカウンターの一番奥へ腰掛けた。椅子は丸太を二本渡した簡素なもので、混んだ場合は詰めて座るスタイルだ。ちなみに店内には冷暖房機器が無い。

とりあえず瓶ビール・大(790円)と餃子(580円)を注文。ビールはキリンのラガーだった。餃子は中サイズが5つでラー油入りのタレがついてきた。ニンニクとショウガが利いててつまみに良い。

ビール大瓶790円+餃子580円

続いて球磨焼酎「峰の露」の冷や(680円)とじゅんさい(420円)をオーダー。キンキンに冷やされトロミのついた焼酎が、タンブラーの受け皿まで溢れんばかりに注がれる。飲み口はかなり辛口だ。このつまみには日本酒の方があったかな。

そして締めに炒麺(950円)を注文。コの字の中央に腰掛ける若い店主が「やきそばひとつ」と厨房に通している。

炒麺(やきそば) 950円

出てきた品は縮れた細い蒸し麺を焦げ目が付くまでじっくり焼いたものに、トロミの付いた餡を掛けたものだ。店のルーツは鹿児島にあるらしいが、このスタイルはいかにも九州っぽい。餡の具はモヤシ、キャベツ、ネギに豚肉、そして干ししいたけを戻したもの。味付けはシイタケの戻し汁と鶏がらだろうか。白胡椒がさっと掛けてある。量はほどほどでインパクトはないがしみじみと美味しい味だ。

兵六 メニュー(ごく一部)

全体的に値段が若干高めだが、地価・客層を考えると納得できる範囲だろう。戦後まもなくにこの地で開業し、林芙美子や高村光太郎の色紙が飾られているこの店は、戦後の文壇・出版業界の生きた歴史でもあるのだ。

兵六

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:非公開
住所:東京都千代田区神田神保町1-3
営業時間:17:00~22:30
定休日:土日祝
主なメニュー炒麺(やきそば) 950円
炒豆腐(ちゃーどうふ) 580円
餃子 580円 炒菜 580円

瓶ビール(大) 790円
峰の露 680円 球磨680円
This entry was posted in 千代田区 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">