百老亭 今池店 (愛知県名古屋市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

名古屋のかた焼きそば=バリそばの事例としてもう一軒、百老亭今池店を紹介したい。前回紹介した味仙今池本店の裏手の通りに店を構える、老舗の餃子専門店だ。

餃子専門 百老亭 今池店

訪問したのは土曜日の20時ごろ。地下鉄の9番出口を出ると、目的の通りがある。土曜の夜ならもっと賑わっているかと思ったが、看板の灯りが点っている店は限られていた。不景気なのかね。

店舗は間口が狭く奥に長いウナギの寝床スタイルだ。暖簾をくぐると、厨房を囲むL字カウンターが目の前に現れる。満席のためカップルが店内で順番待ちしていたが、5分も経たずに私まで着席できた。

百老亭 今池店 メニュー

さてメニュー。餃子は焼き、炊き、玉子スープ、スープの4種ある。漢字表記がちょっと面白い。「炊(すい)」と「スープ」と、どっちがいわゆる「水(すい)」餃子なのか、なんて思ったり。

目的の品は漢字で「炸麺」、読み仮名は「ツアメン」と表記され、その下に括弧書きで「バリそば」と添えられている。ちなみに百老亭は大須店と上飯田店もあり、開業は大須の方が古いようだ。ただ、そっちは「バリそば」と書いてないらしい。こんな理由で店を選ぶ人、あまりいないよね……

瓶ビール 620円

とりあえずバリそばは置いといて、瓶ビール(620円)と鍋貼餃子(ヤキギョウザ/520円)を一人前注文した。ビールはキリンとアサヒがあり、キリンを指定。アサヒのタンブラーとキリンの大瓶がすぐに出てきた。

焼き餃子は底面が平たい大きなフライパンで調理していた。餃子を並べ、水をさして火に掛け、茹であがったらお湯を捨てる。焼き餃子はそこから時間をかけて焼き上げていた。

鍋貼餃子(ヤキギョウザ) 520円

焼き餃子は1人前が10個入り。博多の鉄鍋餃子くらいの小粒で、焼き面を下にして盛り付けられている。皮は薄く、モチモチというよりペタペタする独特な生地だ。その表面をパリッと焼き上げてある。

パリッと焼かれた小粒の餃子、めちゃウマ

まずは何もつけずに食べてみた。ニラの風味のあとに肉の旨味がふわっと香る。なるほど美味しい。入店してすぐに出されたタレをつけても旨い。さすが餃子専門の老舗。これなら3皿くらいペロリと行けそうだ。しかし餃子だけ食べるわけにも行かない。私の目的は別にある。餃子はあの人に任せよう。

「すみません、バリそば(470円)もください」
「はい、バリそば一つ〜」

バリそば調理中のご主人

バリそばの注文を受け、ご主人が小鍋で野菜餡を作り始めた。その脇で皿に予め揚げ麺を盛り付けておく。餡が煮えたら、それを麺の上から掛けて出来上がり。

炸麺(ツアメン/バリそば) 470円

麺はカリカリに揚げられた茶色い細麺。量は少なめでスナック感覚の軽いおつまみという程度。ちょうどここの餃子の一人前くらいの分量か。味仙よりさらに少ないかも知れない。一般的なかた焼きそば並の盛り具合だったら、どうしようかと思っていた。

パリパリ麺に優しい味わいの餡が絡む

餡は味仙のものとは全く異なり、マイルドな塩味で麺にもちゃんと絡む。具は豚肉、キャベツ、玉ねぎ、ニラ。仕上げに白コショウを散らしてある。香ばしい揚げ麺に優しい味わいの熱々餡がマッチして、じんわり美味い。特別感は無いが、こういう品は何度食べても食べ飽きない気がする。味仙もそうだが、それが老舗の力なんだろうなあ。

お会計は1610円。隣の兄ちゃんが食べていた玉子スープ餃子が実に旨そうだった。スマホゲームに夢中で、最後はすっかり冷めちゃっていたけどね……。次はあれ頼もうっと。

百老亭 今池店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 052-731-4462
住所: 愛知県名古屋市千種区今池1-13-14
営業時間: 17:00~21:30
定休日: 水・第1第3火曜日
主なメニュー炸麺(ツアメン/バリそば) 470円

鍋貼餃子(ヤキギョウザ) 520円
炊餃子(スイギョウザ) 520円
玉子スープ餃子 570円
スープ餃子 520円
This entry was posted in 名古屋市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*