東京シェフズキッチン 焼きそば (東京都大田区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

羽田空港の第一旅客ターミナル。その地下に東京シェフズキッチンというフードコートがある。私も最近知ったのだが、昨年の10/7、このフードコートに焼きそば専門店がオープンしたらしい。これも第4次焼きそばブームの余波だろうか。どんなお店かを確認しに行ってみた。

羽田空港第一T フードコート

2月中旬、平日の10時半ごろに訪問。この日、別にどこかへ旅立つ予定があったわけではない。焼きそばを食べるだけのために羽田空港までやってきた。そんなことするのはたぶん私くらいなものだろうな、と自嘲気味に目的の店を探す。

東京シェフズキッチン 焼きそば

焼きそばのブースはフードコート突き当りの一番左側にあった。スタッフは男女二人。他のブースはちゃんと屋号があるが、ここは単なる「焼きそば」だ。小さく頭に「こだわりの」が付いているだけで、一般名詞なのがちとさびしい。しかしまあ、分かりやすいと思えば良いか。シンプル・イズ・ベストってやつだ。

東京シェフズキッチン 焼きそば メニュー

メニューは「ソース焼きそば(750円)」と「釜揚げシラス塩焼きそば(860円)」の2つだけ。普段なら初訪問時は基本のソースを注文するのだが、この日はあえて釜揚げシラス塩焼きそばを注文。それとメニュー下部に載っているコッペパン(200円)も付けてみた。支払を済ませると「出来上がったらお呼びします」と呼び出しブザーを渡される。セルフサービスのお冷を汲み、適当な席に腰掛けて待つ。

5分余りでブザーが振動した。焼きそばとコッペパンの乗ったトレイを受け取る。カウンターには紅生姜、青海苔、マヨネーズが置かれていた。紅生姜と青のりをトッピングして席へと戻る。

塩焼きそばとコッペパン

麺は中太の蒸し麺。こういうフードコートだともっと細い麺が一般的なのだが、モチモチ感のある太さで、しかもきっちり焼いてある。カリカリ感にまで気を配っているあたりに店側の本気度を感じた。

釜揚げシラス塩焼きそば 860円

具は釜揚げしらすにざく切りキャベツ、ニラ。天辺に糸唐辛子。青海苔を掛け、紅生姜も添えてみたが、塩焼きそばはそのままで良いかも知れない。

麺がしっかり焼かれているのが嬉しい

味付けはしらす本来の旨味を活かしたシンプルな塩味。説明書きによると昆布と鰹節の出汁を効かせているそうだ。大ぶりに刻まれたキャベツや、適度に火の通ったニラの甘味も風味を増している。フードコートということで正直あまり期待していなかったのだが、これは美味いなー。

コッペパン(200円)を付けて手製焼きそばパンに

そしてコッペパン。このパンもちゃんと温めなおしてあり、表面はカリッとしている。適当な量の焼きそばを挟み、手製焼きそばパンにして食べてみた。お、結構いけるぞ。

パンを付けて自分で挟むというスタイルは野郎ラーメン中目黒店で経験済みだ。ソースなら間違いないのだろうが、意外と塩味との相性もよかった。あとから看板を読み返したら「マヨネーズを塗ったコッペパンに……」と書いてあった。あー、確かにマヨ塗った方が馴染みそうだ。

旅の前と後にどーぞ

こういうフードコートに、オリジナルのちゃんとした焼きそば専門店ができるなんて、実はなかなか画期的な出来事だと思う。国内線ターミナルなので「帰国直後に日本の味を懐かしんで……」とはならないだろうが、フライトまでの時間が余ったらぜひ寄ってみてほしい。その際はどうぞコッペパンも忘れずに。

焼きそば

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 03-5757-8868
住所: 東京都大田区羽田空港3-3-2 羽田空港第1旅客ターミナル B1F 東京シェフズキッチン
営業時間: 10:00~21:00
定休日: 無休
ホームページ
主なメニューソース焼きそば 750円
釜揚げシラス塩焼きそば 860円
コッペパン 200円
This entry was posted in 大田区 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*