やきそばGENNKI (熊本県熊本市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

熊本市街の国道三号線沿いに「やきそばGENNKI」という店がある。もともと「さぶ」という焼きそば屋が店を構えていた場所なのだが、屋号を変えて現店主に引き継いだそうだ。ちなみに屋号のNは二つ重なるので要注意。自分はこの記事を清書するまで気付かなかった。

熊本市国道三号沿い やきそばGENNKI

訪れたのは昨年の4月中旬、日曜日の3時半頃。店内は昭和を意識した居酒屋風で、厨房は男性二人、ホールに女性一人というスタッフ構成。手頃な広さで駐車場も完備していて、いまどきのラーメン屋っぽくもある。空いてる時間帯なので、先客は一組だけだった。

着席して注文しようとしたら、ホールの女性に「あちらで食券を」と入り口の券売機を促される。あ、食券制なのね。手元のメニューを参考までに載せておこう。

やきそばGENNKI メニュー

焼きそば専門店かと思っていたが、ちょぼ焼きや広島焼きなどの粉物もある。夜は居酒屋スタイルの営業になるらしい。

具沢山の特製やきそばにしようか迷ったが、結局、無印のやきそば(500円)の食券を購入してスタッフに手渡す。

「無料で大盛りにもできますが?」
「いえ、結構です」
「スープとお漬物が無料サービスですので、よかったらあちらからお取りください」
「はーい」

食べ歩きなので大盛りは断ったが、色々至れり尽くせりで感心した。サービスの品々を手にカウンターに腰掛けて焼きそばが調理されていく様子を眺める。

肉と野菜を鉄板で炒め、茹で上げた麺をその上に乗せる。さらにソースで味付けし、プレートに盛り付けて青海苔と揚げ玉、花鰹をトッピングして出来上がり。

やきそば 500円

麺はやや太く扁平気味。茹で麺のせいか焼き目やパリパリ感は無いが、モチモチして独特の旨味がある。他所で食べたことの無いタイプの麺だと思って尋ねると、店内に置かれた製麺機を使った自家製麺とのこと。なるほどねー。ボリュームは並でも充分な程度。大盛りは麺W(ダブル)らしいので自重してよかった。

鉄板に盛られた熱々の焼きそば

具はキャベツの千切りに豚肉とモヤシ。トッピングされてる揚げ玉はカリカリした状態。揚げ玉は、コクが出るようにソースで炒める際に入れることが多いが、こういう使い方は割と珍しい。麺の食感を補うために乗せてるのかも知れない。焼きそばの味付け自体はあっさりめなので、卓上の調味料を使って自分で味を調節するのも良さそうだ。

食べてる間に客が次々と入って来た。6パック、テイクアウトという組もある。パックに手際よく盛り付けて行く様子も見ていて楽しい。看板メニューにソース焼きそばを掲げる店は熊本では貴重な存在だ。熊本ラーメンや太平燕に負けず、今後も頑張ってほしい。

GENKI

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:096-345-0666
住所:熊本県熊本市中央区坪井6-36-10
営業時間:11:00~16:00 18:00~21:00
定休日:火曜日
ホームページ
主なメニューやきそば 500円~
塩ねぎやきそば 550円~
ちょぼ焼き 600円~
広島焼き 650円~
※麺W(大盛)でも同じ値段
This entry was posted in 熊本市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">