ふくろ (東京都豊島区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

大衆酒場の焼きそば特集。24時間営業の次は平日早朝からやっている居酒屋です。コレといった特徴の無いソース焼きそばも酒場で食べると妙に美味しく感じたり。普段以上に趣味に走っておりますが、しばらくご容赦を!


池袋西口に「ふくろ」という居酒屋がある。年中無休で朝7時から営業しており、呑兵衛の憩いの場としてその道では知られている。しかも毎月8日は月に一度の料理半額デーというからありがたや。

池袋西口 酒場 ふくろ

2011年の某月8日、平日だというのに半額に釣られて午前8時に入店。ふくろの客席は3階まであるが、早い時間帯は1階のみの営業となる。朝にもかかわらずカウンターは諸先輩方でほぼ埋まっていた。夜は喧騒で煩いほどなのだが、さすがに早朝だけあって静かなものだ。

空いていた席に腰掛けて、カウンター内側のお姐さんにホッピー(190円)と焼酎(190円)を注文。この店はホッピーだけでなく焼酎も瓶のまま出され、自分で量を調節して注ぐ。1:2でも1:3でも1:4でも好きに飲めるのだ。

ホッピーにトマト、イサキなど

壁にギッシリ並んでいる中から最初に頼んだ肴はトマト(350円)とイサキ塩焼き(400円)、つくね(300円)。しつこいようだがこの日はこれらが全て半額になる。出てきた品も申し分ない。

呑みながら観察したところ、どうやら真ん中辺りが常連用の特等席のようだ。左右の姐さん二人ともに話しかけることが出来るからだろう。漏れ聞こえた話だと、この時間に椎名町までタクシーで帰る常連もいるらしい。なんだか日本の標準時に比べて12時間ほど時差があるな。

天盛もボリューム有り

一杯目を片付けた頃に天盛(600円)を注文。穴子、キス、メゴチ、イカ、インゲンが皿にごそっと盛られて出てきた。温かい天つゆに浸して食べると、どれもホクホクと美味しい。ついでに飲み物のお代わり。今度はハイレモン(160円)と焼酎(190円)。酸味が爽やかだ。

焼きそば 500円

天麩羅を食べ終わって締めの焼きそば(500円)を注文。麺は細めで固さは普通の蒸し麺だ。大きめに切られたキャベツにモヤシと人参。豚肉もなかなか大きい。青海苔と紅生姜がたっぷりトッピングされている。油でギトギトだが味付けはあっさりめだ。酒の肴としてつまむなら、卓上のソースで味を調えるのが良いかも知れない。

隣に座った常連さんと2・3会話してまったりとした時間を過ごす。原発事故から間もない頃で、製造業は計画停電や節電の要請で大変だとか、そんな話をした。1時間半ほど滞在して、お会計は2,050円也。良い心持ちで店を出ると朝9時半でまだ出勤ラッシュだった。なんだかどうもすみません。

酒場 ふくろ

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:03-3986-2968
住所:東京都豊島区西池袋1-14-2
営業時間:7:00~24:00
定休日:無休
ホームページ
主なメニュー焼きそば 500円
トマト 350円 つくね 300円
イサキ塩焼き 400円 天盛 600円

ホッピー 190円 焼酎 190円
ハイレモン 160円
This entry was posted in 豊島区 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">