藤木食堂 (京都府宮津市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

前回のだいせん宮津カレー焼きそばのドライタイプ代表とすると、ウェットタイプ代表が今回紹介する藤木食堂。だいせんからも程近い場所にある鄙びた食堂だ。

宮津市 藤木食堂

こちらも約一年前、だいせんを訪れた翌日の午前11時前に訪問した。あいにくの雨の中、暖簾を潜ると小型犬にいきなり吠えられ、客席で新聞を読んでたおばちゃんにビクッとされた。10時半開店の筈で暖簾も出ているがまだ店内は暗いままだ。

「すみません、もうやってます?」
「ええ、はい、どうぞ」

びっくりしたわーとか言いながら照明を点け、お冷を持ってきてくれた。メニューは壁に掲示されている。うどん、そばや丼物・カレーなどに混じってカレー入焼そば(650円)があった。

藤木食堂 メニュー

「カレー焼きそばを食べに来ました」
「あはは、はいはい」

厨房に出てきた旦那さんに「カレー焼きそば、ひとつ」と通してる。

「遠くから来はったんですか?」
「東京から」
「えー、そらそら。雨でお気の毒な……」

厨房から麺を茹で上げる音は聞こえたが、炒める音は聞こえないまま焼きそば登場。なるほどウェットタイプだ。ひと目で納得。

カレー入焼そば 650円

麺は中細で茹で過ぎではないかと思うくらい柔らかい。具は豚肉に、玉ねぎ・ピーマン・人参など細長く切られた野菜類。味付けはカレー風味のとろっとしたスープで、ソースだろうかほんのり酸味も感じる。辛さはそれほどでなく、うどんやそばに合いそうなカレースープだ。

カレーラーメンぽい味わい

不思議な美味しさだが、麺が炒めてなさそうなことも相まって、カレーラーメンぽい味わいである。醤油を添えて出してくれたが、そのままで最後までいただいた。付け合せの胡瓜の御新香もさっぱりしていて良い箸休めになった。

お会計の際に「炒めてないんですか?」と訊ねたところ、生の中華麺を茹で上げてから、カレースープに入れて炒め煮しているらしい。「遠いところからお越しいただいたから」と50円おまけまでしていただいた。恐縮の至りである。宮津カレー焼きそばは身や心だけでなく、懐も暖まるのであった。

藤木食堂

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0772-22-3551
住所:京都府宮津市万年895-9
営業時間:10:30~14:00
定休日:木曜日
主なメニューカレー入焼そば 650円

うどん 400円 きつね 430円
焼そば 550円 焼めし 650円
オムライス 650円 カツ丼 750円
ラーメン 600円 カレーラーメン 650円
This entry was posted in 宮津市 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">