冨士乃屋 (岩手県宮古市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

食堂の焼きそば特集。4週目は引き続き岩手県三陸地方からスタート。


宮古市街の末広通りに冨士乃屋という中華食堂がある。昭和8年創業。以前紹介した斜向かいの光蘭飯店と共に長年地元民に親しまれてきた老舗だ。

宮古市 末広通り 冨士乃屋

訪れたのは6月下旬、平日の夕方16時過ぎ。隣接する駐車場にバイクを停めて入店。津波の被害を受けたはずだが、そうとは思えない綺麗な店構え。店頭の食品サンプルについ目を奪われてしまう。

冨士乃屋 商品サンプル

店内も明るく小奇麗だ。客席はテーブル5卓にボックス席が4卓。半端な時間にも関わらず先客が二組いた。麺類、定食、チャーハンと食べている品はバラバラだ。

冨士乃屋 麺類 メニュー

メニューは中華系メイン。いろいろおすすめがあって悩ましい。あんかけの五目焼きそばにもそそられたが、最終的に選んだのはチャーメン(ソース焼きそば・550円)。やがて厨房から激しい油の音が聞こえ始め、しばらくして湯気を立てた皿が運ばれてきた。

チャーメン(ソース焼きそば) 550円

麺は中細で縮れ気味。具はキャベツ・モヤシ・人参・ニラ・豚肉。味付けは油脂とソースで、いわゆるソース焼きそばなのだが、中華鍋できっちり炒められていて深い味わい。ボリュームも充分。

ボリューム十分、麺とソースが美味

付け合せは白胡椒のきいた白湯スープでこちらも旨い。ラーメン類もきっと美味しいに違いない。がっつり食べて満足した。これで550円はお得だな。

ちなみに五目焼きそばではなくチャーメンを選んだのには2つ理由がある。ひとつはこの折の食べ歩きであんかけが続いていたこと。もう一つは下調べの段階でこちらの動画を視て気になっていたこと。

食べ終えても何故動画でチャーメンを推しているのかは分からないままだったが、ともかくも確かに美味しい品だった。

富士乃屋

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0193-62-2230
住所:岩手県宮古市末広町5-3
営業時間:11:00~20:30
定休日:火曜
主なメニューチャーメン(ソース焼きそば) 550円

五目焼きそば 680円 揚焼きそば 790円
This entry was posted in 宮古市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">