大十食堂 (青森県平川市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

尾上焼きそばのもう一軒は弘南鉄道弘南線の津軽尾上駅近くの大十食堂。創業なんと120年、小説『津軽百年食堂』の巻末でも紹介された老舗食堂だ。

平川市 津軽尾上 大十食堂

訪れたのは6月下旬、日曜昼前。人気店だけあって駐車場はほぼ満杯。客席はカウンター6席にテーブル3卓、小上がり5卓。八割がた埋まっており、家族連れで大賑わいだ。

大十食堂メニュー

カウンターに腰掛けてメニューを確認。麺類のセットが充実していて、客の七割が焼きそばか、焼きそばを含むセットを食べている。うーん、焼きそば愛されているなあ。

大十食堂 セットメニュー

それに釣られて自分も焼きそば(530円)と小中華そばのセット(+200円)を注文。同じ値段でノーマル中華とおにぎりがつくセットもあるが、食べ歩きなので自重しておいた。

ちなみにセット類は「焼き中」「中華焼き」と、厨房へ通す順序でメインを判別しているらしい。と言ってる間に注文した品がやってきた。

焼きそばと小中華そばのセット 730円

まずは焼きそば。麺は縮れた平打の太麺。具は玉葱と豚肉とシンプルに。ラードとマイルドなソースでなんとなくナポリタンぽい懐かしい美味しさだ。

焼きそば 530円

中華そばは一回り細い縮れ麺。トッピングはナルトにチャーシュー、メンマにネギ。さっぱりしつつも深みのある焼干しスープで美味い。

小中華そば プラス200円

お会計を済ませる頃にも、まだ引っ切り無しに客が来ていた。今から100年後もこの味が変わらずに味わえたらいいな。青森・浪岡・黒石・尾上……津軽地方の焼きそば文化は侮れない。


三週間に渡ってお送りした津軽地方の焼きそば特集、いかがでしたでしょうか? 他地域にはほとんど知られていないマイナーな麺々、彼の地を訪れた際はぜひご賞味あれ。

さて、次回からは食堂の焼きそば。日常的に親しまれている全国の食堂には、焼きそばが人気の店も多々ありまして。お楽しみに。

大十食堂

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:0172-57-2022
住所:青森県平川市尾上栄松19-1
営業時間:11:00~18:30
定休日:月曜日(祭日の場合は火曜日)
主なメニュー焼きそば 530円 大盛 750円

中華そば 480円

Aセット 730円
 ラーメン・おにぎり・やきそば・おしんこ
Bセット プラス200円
 ラーメン類+ミニカレーライス
 そば類+ミニチャーハン
 そば類+ミニヤキソバ
 やきそば+ミニ中華そば
Cセット プラス150円
 ご飯類+ミニラーメン
This entry was posted in 平川市 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">