忠華 (静岡県三島市)

8月のお盆休みの頃、掛川の実家から東京へ戻る途中、三島で遅い昼飯を取ることに。どこか全く知らない店にしよう、と入ったのが今回紹介する餃子菜館・忠華という食堂。

三島市 餃子菜館 忠華

場所は三島広小路駅から三嶋大社方面に広がる入り組んだ路地にある。緑に塗られた特徴的な店舗だ。いかにも町の中華屋さんと言った雰囲気。暖簾を潜って入店。

餃子菜館・忠華 店内の様子

店は奥に広がっている。客席はテーブル3卓に小上がり7卓。宴会もできそうだ。15時過ぎという時間帯で先客は一人だけ。それも持ち帰りらしく、店員さんと駄弁っていた。

餃子菜館・忠華 メニュー

メニューは勿論、中華系がメイン。麺類・定食・丼物と定番が一通り揃っている。ニクマンを「包子」と表記している辺りが本格的だ。焼きそばは固焼きやあんかけなど四種あったが、無難に炒麺(ソース焼きそば・700円)と餃子(460円)を注文。

出されたお冷を飲みつつ待つ。10分ほどで出来上がり。焼きそばに餃子、スープに御新香も付いてきた。

ソース焼きそばと餃子の鉄板コンビ

まずは焼きそば。麺は細い縮れ麺。具はキャベツ・豚肉・玉葱・椎茸・筍。ボリュームは軽め。これだけだとちょっと物足りなそう。

炒麺(ソース焼きそば) 700円

味付けのベースはウスターソースなんだろうけど、ケチャップかトンカツソースのような甘さも感じる。茹でてあるのか、麺は柔らかくしっとり気味の仕上げだ。これはこれで美味しい。

餃子(ぎょうざ) 460円

餃子は餡がしっかり味付けされたタイプ。生姜の風味が利いている。盛り付けは雑だか、包みも焼きもちゃんとしている。しかしまあ、餃子だと沼津の中央亭の方が個人的には好みかな。

付け合せのスープは干し椎茸と鶏ガラ出汁かな? 懐かさを感じる優しい味わい。御新香は沢庵・胡瓜・ザーサイの三種盛り。小ライスが欲しくなるが我慢しとこう。

食べ終えてお会計は1160円。飛び抜けてはいないが安心して食べられる家庭的な中華屋さんだった。それにしても三島に一福黄金饅頭のような焼きそばはもう残ってないのかなあ……

餃子菜館 忠華

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:055-975-2218
住所:静岡県三島市本町5-2
営業時間:11:30~20:30
定休日:水曜日
主なメニュー炒麺(ソース焼きそば) 700円

餃子(ぎょうざ) 460円
柳麺(らーめん) 540円
焼飯(焼きめし) 650円
This entry was posted in 三島市 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください