味の兆楽 (東京都渋谷区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

今年はあれこれメディアへ露出されていただいた。その中の某番組の収録の帰り道、担当のディレクターさんに誘われて訪れたのが、渋谷の老舗中華屋・味の兆楽だ。

渋谷センター街 味の兆楽

場所はセンター街のド真ん中、井ノ頭通りの三叉路、宇田川交番の裏手だ。センター街を何度か訪れた人なら、場違いな中華屋に見覚えがあるかも知れない。そのディレクターさんが普段から愛用しているそうで、私も前々から気になっていた店である。

味の兆楽 店内の様子

訪れたのは、とある平日の20時半ごろ。客席は厨房を囲むL字カウンターが15席ほどと、4人掛けのテーブルが2卓。席はほとんど埋まっていて、カウンターに辛うじて2人並んで座ることができた。

味の兆楽 メニュー

メニューは定食と丼物、麺類がメイン。まずは瓶ビール(500円)でお疲れ様の乾杯だ。生ビールもあったが、こういう店には瓶が似合う。ちなみに銘柄はキリン一番搾りで、東京限定ラベルだった。

瓶ビール 500円

「やっぱり焼きそばですよね!」と、勧められるままに焼きそば(650円)を注文。味付けはソースと正油が選べ、ソースを指定した。

焼きそば(ソース) 650円

麺は中細の茹で麺。恐らくラーメンの麺を流用しているのだろう。わざと切るように炒めたのか、一本一本が短い。具はキャベツ・モヤシ・人参など、野菜が中心だ。

中華風のソース焼きそばも美味しいものです

野菜を炒め、茹で上げた麺を入れ、味を調えてソースで仕上げ……。オーソドックスなソース焼きそばなのだが、町中華のソース焼きそばはコナモン屋のそれとは微妙に違っていて、野菜炒め風にしっとりした品が多いのが面白い。

「もひとつ焼きそば食べましょうか」
「いやー、焼きそば以外でもいいですよ」
「いえいえ、せっかくですから(笑)」
「じゃあ、ルース焼きそば(750円)いきますか」

ルース焼きそば 750円

「ルース」はベーブルースでもフットルースでもなく、「青椒肉絲(チンジャオロースー)」の「肉絲」のこと。細く切った豚肉・ピーマン・筍を甘辛く炒め、片栗粉でとろみをつけた餡が焼きそばに掛かっている。

濃厚な甘辛の味付けが美味い

麺は先ほどと同じだが、しっかり焼かれたところに濃厚な餡が絡んで、実に美味しい。豚肉や筍の歯応えと甘辛い味付けにビールが進む。2皿ともいかにも町中華というジャンクな味わいだが、これが本来、労働者や学生が空腹を満たし、スタミナを付けるために求められてきた品々なのだ。

そんな焼きそばを前に、美味しさと言う評価軸だけでは見逃してしまいがちな焼きそばの魅力について、ディレクターさんに熱く語ってお会計。以前紹介した後楽本舗ともども、この渋谷の活力源として、末永く残って欲しい町中華である。

兆楽

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 03-3461-6400
住所: 東京都渋谷区宇田川町31-5
営業時間: 11:30~翌3:00
定休日: なし
主なメニュー焼きそば(正油・ソース) 650円
ルース焼きそば 750円
五目焼きそば 750円
This entry was posted in 渋谷区 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">