陳麻家 さくら通り店 (東京都品川区)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

五反田駅の東口に1号店があるせいか、五反田駅の周辺には陳麻家の支店が割と多い。前回紹介した陳麻家・大崎センタービル店もしかり。今回紹介するさくら通り店も五反田駅の西口にある店だ。

陳麻家 さくら通り店

こちらにもランチを探索している最中に偶然見つけた変わり種の焼きそば系メニューがある。訪れたのは2月末。さくら通りという名前に反して、まだ蕾すらない寒い季節のことだった。

陳麻家 さくら通り店 店内の様子

半地下の店舗はこじんまりした造りで、2人掛けのテーブルが多数並んでいた。13時を回っていたが客席は半分ほど埋まっている。小姐(シャオジエ)に促され、入り口脇のテーブルに腰掛けた。

陳麻家 さくら通り店 ランチメニュー

ランチメニューは担々麺など麺類と陳麻飯のセットがメインだ。しかし求める品はこのメニューに見当たらない。

「すみません、店頭にあった『五目麺飯』とかいう品を……」
「あー、そばめしですねー」
「あ、それです」
「そばめし、いっちょー」

陳麻家 さくら通り店 メニューの一部

そう、店頭の看板では「五目麺飯」、また階段の壁には「よくばりそばめし(880円)」という名前で貼りだされていた品が、今回の目的だ。前回と同じく、これもこの店だけのオリジナルメニューらしい。

よくばりそばめし 880円

注文したよくばりそばめしは8分ほどで配膳された。焼いた中華麺と白飯の五目中華あんかけ、要はあんかけ焼きそばと中華丼の合い盛りである。ちなみに伝票には平仮名で「そばめし」と記されていた。

あんかけ焼きそばと中華丼の合い盛り

麺は中細で焦げもしっかりつけられている。ご飯は普通の白飯。中華餡の具は豚肉にうずらの玉子、白菜・人参・フクロダケ・クワイ・キクラゲ・ヤングコーン・小松菜と、バラエティに富んでいる。

しっかり焼かれた麺が香ばしい

味付けは醤油ベースで粘度はほどほど。MSGありありな味わいながらも、塩っぱさと甘みのバランスが良く、麺にもご飯にもいい感じで馴染んでいる。ダブル炭水化物でボリュームもなかなか。カラシや酢で味変するのも楽しい。あんかけ焼きそばと中華丼、両方の味わいが一皿で楽しめる、文字通りよくばり向けのメニューだった。

白飯にも合います

付け合せのスープはモヤシと青菜入りであっさり、さっぱり。デザートの杏仁豆腐で締めくくり。コスパの良さが受けているのだろう、出る頃にはほぼ満席になっていた。人気あるなー。

こういうスタイルの品は十日町市のオガワヤなどでもあったが、それを「そばめし」と呼ぶ点が独特で面白い。同じ陳麻家ですぐ隣の駅なのに、全く異なるメニューってのも油断ならない。訪れる際はお腹を空かしてどうぞ。

陳麻家 さくら通り店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL: 03-3493-1125
住所: 東京都品川区西五反田2-18-3 グレイス五反田
営業時間: 11:00~23:00
定休日: 日曜
主なメニューよくばりそばめし 880円
This entry was posted in 品川区 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">