千房 千日前本店 (大阪府大阪市)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

千房(ちぼう)も大阪を代表するお好み焼チェーンの一つだ。創業は1973年で、難波千日前に本店がある。笑福亭鶴瓶がパーソナリティを勤めた深夜ラジオの某番組を通じて店の名が広く知られるようになり、いまや全国展開する一大チェーンにまで成長した。チェーン系の中では味に定評があり、地元のファンも多い。

難波 千房 千日前本店

平日の午前11時過ぎ、なんばグランド花月の裏手に当たる店舗へ到着。かつてはこじんまりした普通のお好み焼屋だったらしいが、今は立派なビルである。一階の客席はテーブルは10卓ほどにカウンターが12席。二階もあるから結構な収容数だ。入店時は開店直後なのでまだ空いていたが、昼が近づくに連れてすぐ一階テーブル席は埋まってしまった。

女性スタッフにカウンターの一番奥へと促され、お絞りを渡された。

「お先にお飲み物がお決まりでしたら」
「じゃ、ウーロン茶(300円)で」

観光地的な立地のためか、メニューは結構高めの値段設定だ。お好み焼だと最も安い豚玉が850円でミックスは1300円もする。ただし、ちょっとした裏技がある。冒頭で触れたラジオ番組に由来する裏メニュー「○○○○焼」だ。WEBで調べれば経緯などすぐ分かる品だが、それを注文するとミックス焼がかなり安い価格で食べられるのだ。

ウーロン茶を受け取ったと同時に豚焼きそば(980円)と○○○○焼(850円)を注文。「豚そば、○○○○焼ー!」と厨房に通ったのを見届けて一安心。

鉄板担当の兄ちゃん二人がめっちゃ元気で、笑顔で声を掛け合いながら調理をしていた。前夜に訪れたぼてぢゅう総本店のささくれ立った雰囲気とは対照的だ。やはり活気があるってのはいいねー。

「豚焼きそば、おまたせしましたー」

そう声を出しながら完成した焼きそばをカウンターに備え付けられている鉄板へと移動してくれた。おー、美味そうだ。

豚焼きそば 980円

麺は太麺だが鶴橋風月やぼてぢゅうに比べると少し細めか。シコシコした食感で、これはこれで美味しい。具は豚肉とキャベツに玉ねぎ、モヤシ、葱。味付けは甘口のソースで程ほどの濃さ。鰹節はデフォルトでたっぷりと掛かっていた。トータルで私好みの味である。旨し。

食べ終わってすぐに○○○○焼=ミックス焼きも出来上がった。小ぶりだが厚みがあってふんわりとした仕上がりだ。

○○○○焼 850円

小手で切り分けて一口食べると、口の中に玉子の香りが広がった。豚・イカ・エビと具沢山だがベースとなる生地と野菜が美味いのか。金紋ソースと適度なマヨネーズによる味付けもバッチグー。これも旨し。

食べ終わってお会計は2,130円。本来はミックス焼・1300円のところが、○○○○焼・850円になっていた。件のラジオ番組の冗談に応じたオーナーの洒落っ気に感謝感謝。

お会計は裏メニュー価格で

会計を済ませ店を出ると、店員さんも外まで出て送り出してくれた。正直、チェーン系ということで期待していなかったのだが、終始好印象の店だった。東京でも機会があれば支店に行ってみたい。

千房 千日前本店

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル←足跡代わりにクリックしていただけると
  更新に張り合いが出ます。

店舗情報TEL:06-6643-0111
住所:大阪府大阪市中央区難波千日前11-27 道風ビル1F・2F
営業時間:11:00~24:00
定休日:無休
ホームページ
主なメニュー豚肉お好み焼 850円
ミックス焼 1300円
道頓堀焼 1550円
千房焼 1600円

豚焼きそば 980円
とん平焼 580円
This entry was posted in 大阪市 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">